獺祭(だっさい)旭酒造株式会社

醸造元
旭酒造株式会社
所在地
山口県岩国市周東町獺越2167-4
杜氏
西田英隆(取締役製造部長2006年10月~)
仕込水
蔵内井戸水(軟水)
概要
獺祭(だっさい)の沿革やポリシー
 1948年(昭和23年)の創業。酔えばいい、売れればいい酒ではなく、おいしい酒・楽しむ酒を目指す。所在地である獺越の地名から一字をとって銘柄を「獺祭」と命名。獺祭(だっさい)の獺はカワウソで、その意味を広辞苑で調べると、カワウソが多く捕獲した魚を食べる前に並べておくのを、俗に魚を祭るのに言う語。とあります。旭酒造さんの公式ウェブサイトにも命名の由来などがでておりますのであわせて御覧ください。
遠心分離

 遠心分離と書かれたお酒は、もろみをお酒と酒粕に分ける方法として遠心分離機を使っています。原理はもろみを入れた円い容器をぐるぐる回転させると、比重の重い酒粕は外側に層をつくり、糊状の酒粕を経て、一番内側に見事に分離されたお酒がたまります。これをチューブで吸い上げるわけです。最大の利点は圧力がかからないため綺麗な酒質となること。また薮田や袋搾りのように布を通さないため臭いがつかいないことや、密封された状態で分離ができるため空気に触れない。等があげられます。

遠心分離機

 一方デメリットとして、もう一度搾ることができるほどの酒粕ができてしまうので、とてつもない粕歩合になってしまい、コストがかかりすぎてしまうこと。なんですが、当時は何とこの遠心分離も通常の搾りと同じ価格でした。あっぱれ桜井社長!などと話していたのを思い出しました。

 現在の遠心分離と書かれたお酒は、通常の搾りとのブレンドで、綺麗なだけでない、飲んで旨いお酒を目指し調整されています。写真は蓬莱泉さんの遠心分離機です。

獺祭(だっさい)「純米大吟醸」遠心分離磨き二割三分

獺祭(だっさい)「純米大吟醸」遠心分離磨き二割三分獺祭(だっさい)「純米大吟醸」遠心分離磨き二割三分ラベル

 ラベルは最高峰らしく和紙で、センターに銘柄の「獺祭」、下には平仮名で「だっさい」とルビがありわかりやすい。右に特定名称の「純米大吟醸」と精米歩合の「二割三分」、また特別な搾りである「遠心分離」も記載されています。さらに右外に原材料などのデータ。左には遠心分離の特徴が書かれています。さらに左外に醸造元情報。

 左に書かれている遠心分離の特徴を抜粋します。

このお酒は通常のお酒のしぼりのように袋などを機械的に圧力をかけて搾ったものでなく、遠心分離の技術を使ってもろみから酒を分離したものです。無加圧状態で、もろみから酒を分離するため、純米吟醸もろみの本来持つ香りやふくらみなどの美点が崩れることなく、このお酒に表現されています。

 上立ち香は心地よくほんのりとフルーティーに香ります。含むと綺麗な造りを思わせるスッキリと切れのある味わいながら、ほんのりと甘味を感じます。遠心分離ではない二割三分のお酒同様、キリリと冷えた状態よりもやや常温に近いほうが、このほのかな甘味を感じやすい。…

感想のつづき、購入先(販売店)情報は下記リンクの日本酒ブログへ

製造年月:2004/01

獺祭(だっさい)「純米大吟醸」遠心分離磨き二割三分 データ

使用酵母 蔵内酵母
使用米 山田錦23%精米
日本酒度 +4
酸度 1.1
アミノ酸度 0.8
アルコール度 15度以上16度未満
容量 720ml
購入当時価格 5,250円(税込み)
現在価格 1.8L 16,200円(税込み)
720ml 8,100円(税込み)

獺祭(だっさい)「純米大吟醸」遠心分離磨き二割三分に関するリンク

2004/07/02 獺祭(だっさい)「純米大吟醸」磨き二割三分、遠心分離(日本酒ブログ)

獺祭(だっさい)「純米大吟醸」磨き二割三分

獺祭(だっさい)「純米大吟醸」磨き二割三分獺祭(だっさい)「純米大吟醸」磨き二割三分ラベル

 ラベルは和紙で、センターに銘柄の「獺祭」、獺と祭の間にアルファベットでDASSAI 23と書かれています。右に特定名称の「純米大吟醸」と精米歩合の「磨き二割三分」。さらに右外に原材料などのデータ。左には醸造元情報。他のスペックもこの獺祭と言う字体で統一されているので、好感度があります。

 上立ち香は心地よく、膨らんだつぼみがポンっと咲いた時にふわりと漂うかのように果実感♪。以前飲んだ時よりやや香り高く感じる。含むと香りからも想定できるかのような上質な、非常に穏やかな甘味。獺祭オフィシャルサイトには長く続く余韻とあるが、残念ながら決して長くはなく、むしろ潔く引いていきます。相変わらず旨いっす。いや。。変わらずではなく進化している?。飲み進んで行くと、先ほどより一歩踏み込めたかのように甘味がまた顔を出す。…

感想のつづき、購入先(販売店)情報は下記リンクの日本酒ブログへ

製造年月:13/06A

獺祭(だっさい)「純米大吟醸」磨き二割三分 データ

使用酵母 蔵内酵母
使用米 山田錦23%精米
日本酒度 +5
酸度 1.2
アミノ酸度 0.8
アルコール度 16度
価格 1.8L 10,800円(木箱入り・税込み)
720ml 5,400円(木箱入り・税込み)
300ml 2,592円(木箱入り・税込み)
1.8L 10,594円(箱入り・税込み)
720ml 5,297円(箱入り・税込み)
180ml 1,566円(箱入り・税込み)
1.8L 10,285円(箱なし・税込み)
720ml 5,142円(箱なし・税込み)
300ml 2,160円(箱なし・税込み)
180ml 1,458円(箱なし・税込み)

獺祭(だっさい)「純米大吟醸」磨き二割三分に関するリンク

2013/07/04 獺祭(だっさい)「純米大吟醸」磨き二割三分(日本酒ブログ)

獺祭(だっさい)「純米大吟醸」磨き二割三分発泡にごり酒

獺祭(だっさい)「純米大吟醸」磨き二割三分発泡にごり酒

 ラベルは和紙で、センターに銘柄の「獺祭」、獺と祭の間にアルファベットでSparkling 23と書かれています。右に精米歩合の「磨き二割三分」、特徴の「発泡にごり酒」。さらに右外に原材料などのデータ。左には醸造元情報。

 以前は聖夜限定として出荷されていましたが、通年商品となったようです。

 上立ち香は…後日感想をUPします。

感想のつづき、購入先(販売店)情報は下記リンクの日本酒ブログへ

製造年月:16/10A

獺祭(だっさい)「純米大吟醸」磨き二割三分発泡にごり酒 データ

使用酵母 蔵内酵母
使用米 山田錦23%精米
日本酒度 +5
酸度 1.2
アミノ酸度 0.8
アルコール度 14度
価格 720ml 6,600円(箱入り・税別)

獺祭(だっさい)「純米大吟醸」磨き二割三分発泡にごり酒に関するリンク

2016/11/吉日 獺祭(だっさい)「純米大吟醸」磨き二割三分発泡にごり酒(日本酒ブログ)

獺祭(だっさい)「普通酒」等外23

獺祭(だっさい)「普通酒」等外23獺祭(だっさい)「普通酒」等外23ラベル

 ラベルは白地で、センターに銘柄と特徴の「獺祭等外23」、右に「等外山田錦使用」、右外に原材料などのデータ。左に等外の説明として、「この獺祭等外23は山田錦の等外米を23%まで磨いて造られました。等外米で造った酒は瓶詰め後の劣化が早いことが観察されています。しかも限外濾過など一切していない生酒です。なるべく早く、瓶詰め後三か月以内にお飲み頂くことをお勧めいたします。」。左外に醸造元情報。

 上立ち香は、心地よく華やかで、マスカットのように香ります。飲んでもいないのにこの時点ですでに安定感を感じるような、心を穏やかにしてくれるような香りの出方です。

 含むと、おお、綺麗ぇ~♪。磨き23が自分の中ではイメージが増幅され、しかも昔の遠心分離のイメージまで混ざって、スペシャルクリアな印象なので、比べると違うような気もするが、一升瓶換算価格で5,000円を切るようなお酒のレベルではないのは確か。おっ!、余韻として僅かに残る口中の甘味もイイ!。

 もう一度注意深く含む。しっとりと、しみじみと旨い。この優しい甘味、これは!、にじみ出てくる野菜の甘味だ!、時間が経つと消えてしまう。もう少し強ければ屋守に通じるような…。しかし儚いからこその獺祭か。

 こうなると先日の等外との差は?となるのだが、ヤマメの等外に対し、イワナの等外23と言った感じで、ちゃんと棲み分けが出来ているような。いずれも旨いっす。

感想のつづき、購入先(販売店)情報は下記リンクの日本酒ブログへ

製造年月:16/11/01

獺祭(だっさい)「普通酒」等外23 データ

使用酵母 蔵内酵母
使用米 山田錦23%精米
日本酒度 +5
酸度 1.2
アミノ酸度 0.8
アルコール度 16度
価格 720ml 2,300円(箱入り・税別)

獺祭(だっさい)「普通酒」等外23に関するリンク

2016/11/20 獺祭(だっさい)「普通酒」等外23(日本酒ブログ)

獺祭(だっさい)「普通酒」等外

獺祭(だっさい)「普通酒」等外獺祭(だっさい)「普通酒」等外ラベル

 ラベルは白地で、センターに銘柄と特徴の「獺祭等外」、下にアルファベットで「DASSAI」とルビがふってあります。右外に原材料などのデータ。右下に製造年月日、左外に醸造元情報。

 オフィシャルサイトの商品紹介には…、

山田錦の等外米を使用したお酒です。等外米は粒ぞろいが悪いのが特徴ですので、麹は普通の等級付き山田錦の50%精米を使用しましたが、掛け米は等外米のみです。ちなみに精米歩合は30%まで磨きました。つまりY・K・30(!!)です。

 とあります。平均精米歩合的に見ると34%を切るかと思われます。なかなかのスペックです。

 上立ち香は、比較的華やかで、メロンのように香ります。通常の獺祭と変わることなく、いや最近の獺祭らしく?、むしろ華やかです。いい感じの香りの出方です。

 含むと、ん~♪、まごうことなき獺祭のあのスーパースムース!。酸の当たりは弱くその分、中から出てくるような綺麗な甘味。大吟醸らしく味は多くはないので後半の捌けも良く、美しく引き上げていきます。

 もう一度注意深く含む。ひっかかりなく喉を流れていく様は、まさに銀の電気抵抗。通常商品の50を上回るように、金の電気抵抗を凌駕する。しかし酸化には気を付けてねと言ったところか。旨いっす。

感想のつづき、購入先(販売店)情報は下記リンクの日本酒ブログへ

製造年月:16/10/18

獺祭(だっさい)「普通酒」等外 データ

使用酵母 蔵内酵母
使用米 山田錦30%精米
アルコール度 16度
価格 720ml 1,300円(箱入り・税別)

獺祭(だっさい)「普通酒」等外に関するリンク

2016/11/18 獺祭(だっさい)「普通酒」等外(日本酒ブログ)

獺祭(だっさい)「純米大吟醸」遠心分離磨き三割九分

獺祭(だっさい)「純米大吟醸」遠心分離磨き三割九分獺祭(だっさい)「純米大吟醸」遠心分離磨き三割九分ラベル

 ラベルは白地にセンターに銘柄の「獺祭」、下には平仮名で「だっさい」とルビがふってあります。右に特定名称の「純米大吟醸」、また特別な搾りである「遠心分離」、精米歩合の「磨き三割九分」が記載されています。さらに右外に原材料などのデータ。左には醸造元情報。

 上立ち香は穏やかでメロン、バニラを思わせる。含むと、優しいまとまりのある甘味、高級感。ん~、この満足感。そして後半の潔いキレ。想像するに酸度を抑えたことによる、抵抗感の無さ。これが5千円で購入できると言うのが信じられません。恐るべきコストパフォーマンスのお酒です。…

感想のつづき、購入先(販売店)情報は下記リンクの日本酒ブログへ

製造年月:07/08

獺祭(だっさい)「純米大吟醸」遠心分離磨き三割九分 データ

使用酵母 蔵内酵母
使用米 山田錦39%精米
日本酒度 +6
酸度 1.1
アルコール度 15度以上16度未満
容量 1.8L
購入当時価格 5,250円(税込み)
現在価格 1.8L 7,560円(税込み)
720ml 3,780円(税込み)

獺祭(だっさい)「純米大吟醸」遠心分離磨き三割九分に関するリンク

2007/08/19 獺祭(だっさい)「純米大吟醸」遠心分離磨き三割九分(日本酒ブログ)

獺祭(だっさい)「純米大吟醸」磨き三割九分

獺祭(だっさい)「純米大吟醸」磨き三割九分獺祭(だっさい)「純米大吟醸」磨き三割九分ラベル

 ラベルは白地にセンターに銘柄の「獺祭」、下には平仮名で「だっさい」とルビがふってあります。右に特定名称の「純米大吟醸」、精米歩合の「磨き三割九分」が記載されています。さらに右外に原材料などのデータ。左には醸造元情報。

 上立ち香は心地よくメロンを思わせるようにたちあがる。含むと、思いやりを感じさせるような柔らかい甘味に包み込まれる。これは、サッカー日本代表の小野伸二のベルベットパスか?いや!バレー日本代表の朝長孝介のトスだ!。その後弾丸ベイビーよろしく、スッキリ感と共に旨みが閃光のごとく眼前をよぎる。酸味を抑えた切れ味鋭い見事な越川優のスパイクが決まった。…

感想のつづき、購入先(販売店)情報は下記リンクの日本酒ブログへ

製造年月:05/11

獺祭(だっさい)「純米大吟醸」磨き三割九分 データ

使用酵母 蔵内酵母
使用米 山田錦39%精米
日本酒度 +6
酸度 1.1
アルコール度 15度以上16度未満
容量 720ml
購入当時価格 2,192円(税込み)
現在価格 1.8L 5,142円(箱入り・税込み)
720ml 2,571円(箱入り・税込み)
1.8L 4,835円(箱なし・税込み)
720ml 2,418円(箱なし・税込み)
300ml 1,008円(箱なし・税込み)
180ml 648円(箱なし・税込み)

獺祭(だっさい)「純米大吟醸」磨き三割九分に関するリンク

2005/11/30 獺祭(だっさい)「純米大吟醸」磨き三割九分(日本酒ブログ)

獺祭(だっさい)「純米大吟醸」磨き三割九分槽場汲み

獺祭(だっさい)「純米大吟醸」磨き三割九分槽場汲み獺祭(だっさい)「純米大吟醸」磨き三割九分槽場汲みラベル

 ラベルは白地のセンターに銘柄の「獺祭」、獺と祭の間にアルファベットで「DASSAI 39」。右に特徴の「無濾過」、特定名称の「純米大吟醸」、精米歩合の「磨き三割九分」、上槽の特徴の「槽場汲み」。さらに右外に原材料などのデータ。左には醸造元情報。キャップシールに生の文字。

 「獺祭の無濾過生原酒の出荷は、この槽場汲みのみとします。」と発表されているので、春と秋の年2回のみ一部の酒販店さんのみの取り扱いのようです。

 上立ち香は、比較的華やかで、メロンのように香ります。スワリングするとマスカットも出てきます。好きだなぁ、この感じの香りの出方♪。

 含むと、あのスーパースムースで平滑な獺祭39ではなく、程よくメリハリのある甘味が結構今風。あくまで大吟醸と言う美しい枠の中で、最大限のパフォーマンスを表現してくれています。この甘味の出方も好きなんだよなぁ♪。後半は流石の大吟醸、早めの収束へとまとまっていきます。…

感想のつづき、購入先(販売店)情報は下記リンクの日本酒ブログへ

製造年月:16/10B

獺祭(だっさい)「純米大吟醸」磨き三割九分槽場汲み データ

使用酵母 蔵内酵母
使用米 山田錦39%精米
アルコール度 16度
容量 720ml
購入価格 2,500円(税別)

獺祭(だっさい)「純米大吟醸」磨き三割九分槽場汲みに関するリンク

2016/10/28 獺祭(だっさい)「純米大吟醸」磨き三割九分槽場汲み(日本酒ブログ)

獺祭(だっさい)「純米大吟醸」磨き三割九分スパークリング

獺祭(だっさい)「純米大吟醸」磨き三割九分スパークリング獺祭(だっさい)「純米大吟醸」磨き三割九分スパークリングラベル

 ラベルは白地にセンターに銘柄の「獺祭」、獺と祭の間にアルファベットでDASSAI 39と書かれています。右に「磨き三割九分スパークリング」と金の箔で書かれています。さらに右外に原材料などのデータ。右下に製造年月。左には醸造元情報。

 まずは上澄みからいただきました。上立ち香は穏やかで想定していたほどではないが、ほのかにマスカット様の香り。含むと、お、おう。スパークリング!。うすにごりに良くあるピチピチ微炭酸を想定していただけに、結構なシュワシュワ感。スパークリング50より綺麗な分、辛口に感じます。ただでさえ綺麗なのに炭酸で口中は洗われ、シュワが消えたときには収束している。何とも飲みやすい。

 今度はにごり部分も混ぜていただきました。にごりといっても雑味のイメージはなく、また増えたのは…

感想のつづき、購入先(販売店)情報は下記リンクの日本酒ブログへ

製造年月:15/10A

獺祭(だっさい)「純米大吟醸」磨き三割九分 データ

使用酵母 蔵内酵母
使用米 山田錦39%精米
日本酒度 +6
酸度 1.1
アルコール度 15度
容量 360ml
購入当時価格 1,764円(税込み)

獺祭(だっさい)「純米大吟醸」磨き三割九分スパークリングに関するリンク

2015/12/30 獺祭(だっさい)「純米大吟醸」磨き三割九分スパークリング(日本酒ブログ)

獺祭(だっさい)「純米大吟醸」寒造早槽48しぼりたて生

獺祭(だっさい)「純米大吟醸」寒造早槽48しぼりたて生獺祭(だっさい)「純米大吟醸」寒造早槽48しぼりたて生ラベル

 ラベルは白地にセンターに銘柄の「獺祭」、獺と祭の間にアルファベットでDASSAI 48と書かれています。右に特定名称の「純米大吟醸48寒造早槽(かんづくりはやぶね)」、右下に製造年月。左には醸造元情報。

昔のラベルには…、

 このお酒は山田錦を使った50%精米の純米大吟醸をベースに、同じく39%精米の山田錦を使った純米大吟醸を8対2でブレンドしています。純米大吟醸50のしぼりたての爽やかさに磨き三割九分の華やかさを加味した純米大吟醸のしぼりたてです。

 と書いてあったようですが、今回のラベルには書かれていません。精米歩合も以前は50%と記載されていましたが、今回のラベルには48%とあります。獺祭さんの50%精米は、米を見て今回は47%まで磨こうと決めているのでわかりませんが、もしやブレンドではなくなったのかもしれません。さてしぼりたての爽やかさ、はいかに?。

 上立ち香は比較的華やかにマスカットのように香ります。ピチピチと言うほどではないものの、じゅわっと迫りくる甘味に、どことなく見えるような気がするしぼりたて感♪。生酒らしい印象です。しかし酸を主張するような感じはないので、やはり獺祭らしいわかりやすい優しい甘み。

感想のつづき、購入先(販売店)情報は下記リンクの日本酒ブログへ

製造年月:15/11C

獺祭(だっさい)「純米大吟醸」寒造早槽48しぼりたて生 データ

使用酵母 蔵内酵母
使用米 山田錦48%精米
アルコール度 15度以上16度未満
容量 720ml
購入当時価格 1,695円(税込み)

獺祭(だっさい)「純米大吟醸」寒造早槽48しぼりたて生に関するリンク

Comming Soon → 獺祭(だっさい)「純米大吟醸」寒造早槽48しぼりたて生(日本酒ブログ)

獺祭(だっさい)「純米吟醸」遠心分離50

獺祭(だっさい)「純米吟醸」遠心分離50獺祭(だっさい)「純米吟醸」遠心分離50ラベル

 ラベルは白地にセンターに銘柄の「獺祭」、下には平仮名で「だっさい」とルビがふってあります。右に特定名称の「純米吟醸」、また特別な搾りである「遠心分離」、精米歩合の「50」が記載されています。さらに右外に原材料などのデータ。左には醸造元情報。

 尚、現在は遠心分離は磨き二割三分と磨き三割九分のみとなり、この商品は終売。後継は遠心分離ではない通常の搾りで、特定名称が「純米大吟醸」となりっております。

 上立ち香は上品にバニラを思わせる。含むと、優しい!ひたすら優しさを振りまいた後に残るほのかな甘味。この甘味がなくなるとき我に帰るが、目を閉じていたことに気づく。旨い。

 獺祭と言う銘柄は全て山田錦を使用し、磨きも全て5割以下と言うこだわりのお蔵さん。しかもこのお酒は遠心分離という特別な上槽。遠心分離は粕歩合がかぎりなく100%に近いという、あまり蔵にとっては嬉しくない?原価のお酒となるはずですが、このコストパフォーマンス。惚れ直しました。

感想のつづき、購入先(販売店)情報は下記リンクの日本酒ブログへ

製造年月:06/08

獺祭(だっさい)「純米吟醸」遠心分離50 データ

使用酵母 蔵内酵母
使用米 山田錦50%精米
アルコール度 15度以上16度未満
容量 1.8L
購入当時価格 3,150円(税込み)終売

獺祭(だっさい)「純米吟醸」遠心分離50に関するリンク

2006/10/03 獺祭(だっさい)「純米吟醸」遠心分離50(日本酒ブログ)

獺祭(だっさい)「純米吟醸」遠心分離50うすにごり本生

獺祭(だっさい)「純米吟醸」遠心分離50うすにごり本生獺祭(だっさい)「純米吟醸」遠心分離50うすにごり本生ラベル

 ラベルは白地にセンターに銘柄の「獺祭」、下には平仮名で「だっさい」とルビがふってあります。右に特定名称の「純米吟醸」、また特別な搾りである「遠心分離」、精米歩合の「50」が記載されています。さらに右外に原材料などのデータ。左には醸造元情報。肩張りに本生のシール。

 尚、現在は遠心分離は磨き二割三分と磨き三割九分のみとなり、この商品は終売。後継は遠心分離ではない通常の搾りで、特定名称が「純米大吟醸」、発泡にごり酒スパークリング50となっています。

 上立ち香は華やかに白桃を思わせ上品。含むと、獺祭らしい優しさが際立っているが、何となく体調を気遣ってしまいそうな、はかなさを感じる。この辺が獺祭の生酒らしさなんだろうか?。優しい甘味の後に、僅かな渋味。獺祭で若さを感じたのは初めてかな?旨いっす。

 聖夜限定も飲んでみたくなりました。

感想のつづき、購入先(販売店)情報は下記リンクの日本酒ブログへ

製造年月:07/11

獺祭(だっさい)「純米吟醸」遠心分離50うすにごり本生 データ

使用酵母 蔵内酵母
使用米 山田錦50%精米
アルコール度 15度以上16度未満
容量 1.8L
購入当時価格 3,150円(税込み)終売

獺祭(だっさい)「純米吟醸」遠心分離50うすにごり本生に関するリンク

2007/11/22 獺祭(だっさい)「純米吟醸」遠心分離50うすにごり本生(日本酒ブログ)

獺祭(だっさい)「純米大吟醸」50

獺祭(だっさい)「純米大吟醸」50獺祭(だっさい)「純米大吟醸」50ラベル

 ラベルは白地のエピ柄がエンボス加工してあり、凹凸感があります。センターに銘柄の「獺祭」、獺と祭の間にアルファベットでDASSAI 50と書かれています。右に特定名称の「純米大吟醸」と精米歩合の「50」が記載されています。さらに右外に原材料などのデータ。左には醸造元情報。下には獺祭の意味として、

獺祭[だっさい]かわうそが捕らえた魚を岸に並べて、まるで祭をするようにみえるところから転じて詩や文をつくる時、多くの参考資料等をひろげちらすことをさす。また日本文学の革命児正岡子規が自らを獺祭書屋主人と号している。私たちは「酒造りは夢造り、拓こう日本酒新時代」をスローガンに少しでも良質な酒を目指そうとするこの酒を世に出すにあたり正岡子規にあやかって酒銘を「獺祭」と命名しました。

 と書かれています。

 上立ち香は穏やかながら心地よく白桃の様に香ります。開栓直後は霞がかったような香りの出方でしたが、すぐに我が家好みの香りの出方になりました。まごうことなき純米大吟醸。

 含むと、おお、優しい。とんがった酸がないので非常に上品で、奥から出てくる僅かな甘味が上品さに華を添える。純米大吟醸ながら量も飲んでいけそうな雰囲気があります。あっ、あくまで自分基準です。量といっても一晩に一升飲むわけではありません。

 もう一度注意深く含む…

感想のつづき、購入先(販売店)情報は下記リンクの日本酒ブログへ

製造年月:16/03G

獺祭(だっさい)「純米大吟醸」50 データ

使用酵母 蔵内酵母
使用米 山田錦50%精米
アルコール度 15度以上16度未満
容量 720ml
購入当時価格 1,539円(税込み)
価格 1.8L 3,186円(箱入り・税込み)
720ml 1,614円(箱入り・税込み)
300ml 691円(箱入り・税込み)
1.8L 3,078円(箱なし・税込み)
720ml 1,539円(箱なし・税込み)
300ml 642円(箱なし・税込み)
180ml 410円(箱なし・税込み)

獺祭(だっさい)「純米大吟醸」50に関するリンク

2016/04/08 獺祭(だっさい)「純米大吟醸」50(日本酒ブログ)

獺祭(だっさい)「純米大吟醸」発泡にごり酒スパークリング50

獺祭(だっさい)「純米大吟醸」発泡にごり酒スパークリング50獺祭(だっさい)「純米大吟醸」発泡にごり酒スパークリング50ラベル

 ラベルは薄いピンクのグランドにセンターに銘柄の「獺祭」、獺と祭の間にアルファベットでDASSAI 50と書かれています。右に「発泡にごり酒スパークリング50」。右下には原材料などのデータと製造年月。左に醸造元情報。

 オフィシャルサイトの説明には…、

にごり酒だからこそ分かる山田錦の米の甘み。瓶内二次発酵が生み出す爽やかな発泡性。最後に繊細かつ骨太の純米大吟醸が見せる鮮やかな味の切れ。

 とあります。

 まずは上澄み部分をいただきました。上立ち香は非常に穏やかで想定していたような吟醸香は立ち上がってきません。含むと、39スパークリングと同様に、スカッと炭酸が口中の印象を支配します。その後にほのかに残る、程よい程度の甘味が可愛らしい。飲みやすい♪。

 次ににごり部分を混ぜていただきました。幾分甘味も増したようですが、炭酸の刺激で甘味を消します。その分見事に後半のさばけが良く、飲み終わった直後にグラスをまた口に運んでしまう。ただでさえ容量の少ない小瓶なのに…。

感想のつづき、購入先(販売店)情報は下記リンクの日本酒ブログへ

製造年月:15/12B

獺祭(だっさい)「純米大吟醸」発泡にごり酒スパークリング50 データ

使用酵母 蔵内酵母
使用米 山田錦50%精米
アルコール度 15度
容量 360ml
購入当時価格 972円(税込み)
価格 発泡にごり酒スパークリング50
720ml 1,944円(税込み)
360ml 972円(税込み)

獺祭(だっさい)「純米大吟醸」発泡にごり酒スパークリング50に関するリンク

2015/12/30 獺祭(だっさい)「純米大吟醸」発泡にごり酒スパークリング50(日本酒ブログ)

獺祭(だっさい)「純米大吟醸」50温め酒

獺祭(だっさい)「純米大吟醸」50温め酒獺祭(だっさい)「純米大吟醸」50温め酒ラベル

 ラベルは茶色のグランドにセンターに銘柄の「獺祭」、獺と祭の間にアルファベットでDASSAI 50と書かれています。右にタイトルの「温め酒」。右下には原材料などのデータと製造年月。左に醸造元情報。

 オフィシャルサイトのラインナップにはありませんが、Q&Aに温め酒の温め方は?として…、

香りを保つために60℃くらいの低めのお湯に、ボトルごと漬けてゆっくりと温めます。お酒の温度が40℃になったころが飲みごろです。

 と湯せんの説明があります。

 お燗専用ですが、まずは冷酒でいただきます。上立ち香は非常に穏やかで明確でないものの、瓜系のような香り。特定名称は書いてありませんが、さすがに純米大吟醸と言ってもよいくらいのスペック、ネガティブなものはありません。

 含むと、甘味というよりは旨味が先にコンタクトしてきます。このあたりは今までの獺祭(だっさい)には感じなかった部分。その後、甘味と僅かな酸味が現れ、徐々に引いていきます。確実に食事が進んでからの方が良さそうな印象。

 そしていよいよお燗です。自分のもっとも好きな温度38度でいただいてみます。おお、先ほどの時間差はなく、全部一緒になって舌に乗っかる♪。温度によってバランスが取れたということなのでしょうか?。しかし引きまでの時間も短くなったようで、体に浸み込むのが速い!。飲み過ぎそうなイメージがあります。

 次に燗徳利に熱湯を入れなおし、40度まで上げてみました…

感想のつづき、購入先(販売店)情報は下記リンクの日本酒ブログへ

製造年月:16/02B

獺祭(だっさい)「純米大吟醸」50温め酒 データ

使用酵母 蔵内酵母
使用米 山田錦50%精米
アルコール度 14度
容量 1.8L
価格 2,850円(税別)

獺祭(だっさい)「純米大吟醸」50温め酒に関するリンク

2016/03/15 獺祭(だっさい)「純米大吟醸」50温め酒(日本酒ブログ)

獺祭(だっさい)旭酒造株式会社に関するリンク

獺祭(だっさい)10年前の感想から…桜井社長、カンブリア宮殿に出演。

旭酒造株式会社さんオフィシャルサイト


このサイトは日本酒好きによる個人サイトです。酒類の販売(通販)はしておりません。

コメントいただける場合は、下部のコメントエリアに書き込み、送信してください。Google+、Facebookでログインされている方は、それぞれマークをクリックすることでもコメントしていただけます。

獺祭(だっさい)旭酒造株式会社」への2件のフィードバック

  1. 尾崎太一郎

    娘の婿が山口の豊北です。先日里帰りしました時,旭酒造様の「ダサイ」をお土産にもらいました。50年程アルコールを
    たしなみましたが目から鱗、こんなにまろやかな美味なお酒を飲酒したのは初めてで驚きました。
    これからも美味しいお酒をつくりお酒好きの方がたに感動を与えて下さい。皆々様のご活躍をお祈り申し上げます
    美味しいお酒有難うございました

    返信
    1. yukinosakeyukinosake 投稿作成者

      尾崎太一郎さま、コメントありがとうございます。獺祭(だっさい)、美味しいですよね。
      美味しいお酒を堪能できたようで良かったです。
      しかしながら、文面から察するに少し勘違いされているかもしれません。
      このサイトは獺祭(だっさい)醸造元のサイトではなく、
      単なる酒好きが運営している、日本酒大好きサイトです。
      このような美味しかった報告も嬉しいので
      今後ともよろしくお願いいたします。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...