由紀の酒YouTubeチャンネル、オンライン日本酒会の様子も配信中。チャンネル登録してね。
スポンサーリンク

鯨波(くじらなみ)恵那醸造株式会社

醸造元
恵那醸造株式会社
所在地
岐阜県中津川市福岡2992-1
杜氏
長瀬裕彦(南部杜氏、兼蔵元)
仕込水
裏山(二ツ森山)の湧き水(軟水)
概要
鯨波(くじらなみ)の沿革やポリシー
 1818年(文政元年)の創業。雄大な中央アルプスを望む標高六百米にある酒蔵から「山の上を流れる雲が大海を泳ぐ鯨に似ていた」と言うことが銘柄の由来。
 標高600mの夏場でもクーラーがいらないと言う環境で、手造り少量生産をしている。
鯨波(くじらなみ)恵那醸造株式会社

鯨波(くじらなみ)「大吟醸」全国新酒鑑評会入賞酒

鯨波(くじらなみ)「大吟醸」全国新酒鑑評会入賞酒

 ラベルはセンターに銘柄の「鯨波」、右に特定名称の「大吟醸」と言うわかりやすいものとなっており好感が持てます。ラベルの下部には、銘柄の由来となった「山の上を流れる雲が大海を泳ぐ鯨に似ていた」がデザインされています。左に醸造元情報。

 上立ち香は穏やかながら心地よくマッシュルームのように香ります。

 含むと、裏切らない程よい甘味は可憐で、愛おしい。酸味は浮足立つことなく甘味に溶け込んでおり、やや輪郭はぼかしながらも優しい枠を形成している。かちっとしすぎていないところは、出品酒ながらいろいろな食材に合わせられそう。後半のまとまりも美しく、長くはないが余韻も楽しめます。ん~まさに雄大!大海原を泳ぐ鯨を思わせます。旨いっす。

感想のつづき、購入先(販売店)情報は下記リンクの日本酒ブログへ

製造年月:2014/08

鯨波(くじらなみ)「大吟醸」全国新酒鑑評会入賞酒 データ

使用酵母
使用米五百万石50%精米
日本酒度+4
酸度
アルコール度17度以上18度未満
容量720ml
価格2,500円(税別)

鯨波(くじらなみ)「大吟醸」全国新酒鑑評会入賞酒に関するリンク

2014/10/03 鯨波(くじらなみ)「大吟醸」全国新酒鑑評会入賞酒(日本酒ブログ)

鯨波(くじらなみ)恵那醸造株式会社に関するリンク

恵那醸造株式会社さんオフィシャルサイト

関連記事

このサイトは日本酒好きによる個人サイトです。酒類の販売(通販)はしておりません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました