由紀の酒YouTubeチャンネル配信中。チャンネル登録してね。
スポンサーリンク

金亀(きんかめ)株式会社岡村本家

醸造元
株式会社岡村本家
所在地
滋賀県犬上郡豊郷町吉田100
杜氏
園田睦雄(能登杜氏)
仕込水
鈴鹿山系伏流水(軟水)
概要
金亀(きんかめ)の沿革やポリシー
 1854年(安政元年)の創業。主要銘柄は大星、金亀。彦根城の別名「金亀城(こんきじょう)」から名付けられた。江戸末期、彦根城藩主の井伊直弼公より酒造りを命じられ創業。良質の近江米、伊吹おろし(冷風)による気候など、酒造りに恵まれた土地。全量木槽で搾るなど、古来の醸造の良いところを残す。
 近年のラインナップは藍40、黒50、緑60、茶70、白80、青90、赤100がそれぞれ生原酒、火入れ原酒とあり、数字は精米歩合となっています。いつか我が家にもやってくると信じています。

金亀(きんかめ)「純米大吟醸」

金亀(きんかめ)「純米大吟醸」金亀(きんかめ)「純米大吟醸」ラベル

 ラベルは白地のセンターに金の箔で銘柄の「金亀」、右に赤で特定名称の「純米大吟醸」、左上に醸造元情報、左下に原材料などのデータ。フラッグシップらしく、被せ紙に紐で封印。

 上立ち香は穏やかで明確でないものの、白桃にのように香ります。少し麹も混ざるか。

 含むと、ほのかな甘み、強めの旨味。酸が枠をつくり、旨味がぎゅっと凝縮される。後半は伸びを見せ、じんわりと引いていきます。旨いっす。

 2002年、仕事で滋賀を訪れた帰り、蔵に寄らせていただき購入したものです。

製造年月:14年07月

金亀(きんかめ)「純米大吟醸」 データ

使用米不明
使用酵母不明
日本酒度不明
アルコール度15度以上16度未満
容量720ml
価格不明

金亀(きんかめ)「純米大吟醸」生酒

金亀(きんかめ)「純米大吟醸」生酒金亀(きんかめ)「純米大吟醸」生酒ラベル

 ラベルは和紙のセンターに特徴の「生酒」、その上に銘柄の「金亀」、さらに上に「冷やのままお召し上がりください」、左下に醸造元情報。枠外にアルコール度。肩張りで特定名称の「純米大吟醸」。

 上立ち香は穏やかで明確でないものの、ラムネにのように香ります。少し麹も混ざる。

 含むと、開栓当初にあった揮発感も落ち着き、甘みと酸味のバランスが心地よい。後半は伸びを見せ、じんわりと引いていきます。旨いっす。

 2002年、仕事で滋賀を訪れた帰り、蔵に寄らせていただき購入したものです。

製造年月:14年08月

金亀(きんかめ)「純米大吟醸」生酒 データ

使用米不明
使用酵母不明
日本酒度不明
アルコール度17度以上18度未満
容量720ml
価格不明

金亀(きんかめ)「純米」しぼりたて生原酒

金亀(きんかめ)「純米」しぼりたて生原酒

 ラベルは白地のセンターに特徴の「しぼりたて」、右に特定名称の「純米」、特徴の「生原酒」、右下に原材料などのデータ、左に醸造元情報。

 残念ながら味わいのデータは記録なし。ラベル捜索中。

 2002年、仕事で滋賀を訪れた帰り、蔵に寄らせていただき購入したものです。

製造年月:14年08月

金亀(きんかめ)「純米」しぼりたて生原酒 データ

使用米不明
使用酵母不明
日本酒度不明
アルコール度17度以上18度未満
容量720ml
価格不明

金亀(きんかめ)株式会社岡村本家に関するリンク

株式会社岡村本家さんオフィシャルサイト

関連記事

このサイトは日本酒好きによる個人サイトです。酒類の販売(通販)はしておりません。

コメント