由紀の酒YouTubeチャンネル、オンライン日本酒会の様子も配信中。チャンネル登録してね。

愛知県

愛知県の銘柄別日本酒ガイドです。瓶やラベルの画像と共にデータや簡単な感想など。
愛知県の日本酒

愛知県の日本酒に関するリンク

愛知の地酒(愛知県酒造組合)

愛知県

一念不動(いちねんふどう)関谷醸造株式会社

杜氏、H22BY~ 宮瀬直也、H15BY~H21BY 荒川貴信(現本社蔵杜氏)。仕込水、黒田地区湧き水(軟水)。 2004年4月10日OPEN。日本酒の持つ魅力を多面的に発信することを目的に作られた蔵。社員にとっては醸造技術の継承・研修の目的。酒販店さんにとっては気軽にオリジナルブランドが作成でき、我々消費者にとっては酒造り体験や小仕込みによるオーダーメイドのお酒を製造できたりする。一念不動(いちねんふどう)とは、何事にも左右されることがない様。一念とは人が生ずる瞬間的な生命、心のこと。これは右往左往、やみくもに動いてやまない。だが、この一念が至ったとき、一念は全ての事物の理を得るとされる。このとき、一念は本然の心となる。この本然の心は不動であり、この状態に至ったものを一念不動と云う。ラベルは書家である「福瀬餓鬼先生」が書したもので「一番は前ばかりではない。いちばん後ろもある。だれでも前へ行きたがる。お前は後ろを狙え!。」と書かれています。
愛知県

孝の司(こうのつかさ)合資会社柴田酒造場

1830年(天保元年)創業。銘柄の由来は、「養老のいずみ」の孝行息子の民話から。地名の通り、神の水が沸き出でるといっても過言ではないほどの超軟水。杜氏、伊藤静香(社員杜氏)。仕込水,、神水地区井戸水(硬度0.24超軟水)
愛知県

勲碧(くんぺき)勲碧酒造株式会社

醸造元 勲碧酒造株式会社 所在地 愛知県江南市小折本町柳橋88番地 杜氏 村瀬公康(兼蔵元) 仕込水 木曽川伏流水(中軟水) 概要 勲碧(くんぺき)の沿革やポリシー  19...
愛知県

二兎(にと)丸石醸造株式会社

杜氏、片部州光(社員杜氏)。仕込水、南アルプス明石山系伏流水、誉の水(軟水)。1690年(元禄三年)創業。二兎の焦点、それは〝二兎追うものしか二兎を得ず″「味」と「香」、「酸」と「旨」、「重」と「軽」、「甘」と「辛」。二律背反する二つのコトガラが最高のバランス・味わいになるように試行錯誤を繰り返しました。
愛知県

義侠(ぎきょう)山忠本家酒造株式会社

1789年~1801年(寛政年間)江戸時代中期の創業。酒銘の由来は、明治時代に小売商と年間契約を結んでいたが、原料が高騰したことで同価格では採算が合わないにも関わらず、約束を守ったことから。杜氏、杉村洋(自社杜氏)。仕込水、木曽川伏流水(弱硬水)。妙(たへ)、慶(よろこび)、泰(やすらぎ)、游(あそび)、侶(ともがら)、縁(えにし)、純粋、祥(きざし)、造(つくり)などの感想。
愛知県

長珍(ちょうちん)長珍酒造株式会社

1868年(明治元年)の創業。いつの時代にも末長く、珍しくおいしいお酒、珍重される酒でありたいと願い「長珍」となった。杜氏、桑山雅行(兼蔵元)。仕込水、木曽三川伏流水(硬水)。禄(ろく)、生詰吟醸、しんぶんしシリーズなどの感想。
愛知県

醸し人九平次(かもしびとくへいじ)株式会社萬乗醸造

1647年、正保4年に創業。代々蔵元が九平次を名乗り継いでいく。醸し人九平次は当代の久野九平治氏(写真一番右)が1997年に立ち上げたブランド。杜氏、佐藤彰洋。仕込水、愛知と長野の県境、標高1500m山の天然水。彼の岸(ひのきし)、別誂(べつあつらえ)、彼の地(かのち)、協田(きょうでん)、human、山田錦、Le K rendez-vous(ル・カー ランデブー)、雄町、黒田庄に生まれて、Le K voyage(ル・カー ボヤージ)、火と月の間に山田錦、火と月の間に雄町、artisan(あるちざん)などの感想。
愛知県

蓬莱泉(ほうらいせん)関谷醸造株式会社

元治元年(1864年)創業。杜氏、統括杜氏、遠山久男。本社工場、荒川貴信。吟醸工房、宮瀬直也。仕込水、奥三河湧き水(軟水)。魔訶、吟、空、美、朋、和、和熟成生酒、酒蔵の詩、可。、しぼりたて、醁/roku、夢筺、人生感意気、別撰、春のことぶれ、はつなつの風、花野の賦などの感想。
タイトルとURLをコピーしました