由紀の酒YouTubeチャンネル、オンライン日本酒会の様子も配信中。チャンネル登録してね。
スポンサーリンク

天美(てんび)長州酒造株式会社

醸造元
長州酒造株式会社
所在地
山口県下関市菊川町大字吉賀72
杜氏
藤岡美樹
仕込水
敷地内井戸水(軟水)
概要
天美(てんび)の沿革やポリシー
 1871年(明治4年)の創業。構想から約2年、150年続く老舗ながら15年前から造りはしていなかった児玉酒造の事業を承継し、2020年ついに新蔵での醸造をスタートさせた。銘柄の由来は天(太陽)の恵みで出来た美しい酒という意味を込めて名付けられた。
 杜氏の藤岡美樹さんは東京農業大学を卒業後、株式会社北岡本店「八咫烏(やたがらす)」(奈良県)、川鶴酒造株式会社「川鶴(かわつる)」(香川県)では蔵人から杜氏に昇格、清水清三郎商店株式会社「作(ざく)」(三重県)と約20年の経験を買われ迎えられる。

天美(てんび)「純米吟醸」生原酒

天美(てんび)「純米吟醸」生原酒
天美(てんび)「純米吟醸」生原酒ラベル

 ラベルは白地のセンターに繊細で複雑、無限の可能性を秘めた発酵のカタチ、イメージがデザインされている。右上に銘柄の「天美」、左にもアルファベットで「TENBI」とあり、わかりやすい。下部には特定名称と特徴の「純米吟醸 生原酒」。

 上立ち香は穏やかながら心地よく、を思わせるように香ります。何故かこの時点ですでに感じるジューシーなイメージ。雰囲気のある好みのアロマ。

 含むと、…、…、ふあぁ~、間違いない!自分好みの味わい。酒仲間にも、「明さんの好きそうな酒を今、酒房よし亭(一宮)で飲んでいるよ」と言われ、「我が家にも既に着弾しており飲んでおります!」と答えたほど、明確な自分好みの甘味と酸味のバランス。含んだ直後に感じる“漂う旨味”はすぐにクリアとなり、原酒ながら抑えめのアルコール度に起因するのか軽快に捌ける。いいっすね~♪。

 もう一度注意深く含む。このメリハリのある甘味と酸味。これはサイネリアだ。単純な青紫ではなく、よく見ると美しいグラデーション。いかにも触り心地の良さそうなテクスチャー。旨いっす。

感想のつづき、購入先(販売店)情報は下記リンクの日本酒ブログへ

製造年月:2021/02

天美(てんび)「純米吟醸」生原酒 データ

使用酵母協会901号酵母
使用米山口県産山田錦60%精米
日本酒度+2
酸度1.6
アルコール度15度
容量1.8L
価格3,000円(税別)

天美(てんび)「純米吟醸」生原酒に関するリンク

2021/02/26 天美(てんび)「純米吟醸」生原酒(日本酒ブログ)

天美(てんび)長州酒造株式会社に関するリンク

令和3年2月現在、長州酒造株式会社さんオフィシャルサイトは見つかりませんでした

関連記事

このサイトは日本酒好きによる個人サイトです。酒類の販売(通販)はしておりません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました