由紀の酒YouTubeチャンネル、オンライン日本酒会の様子も配信中。チャンネル登録してね。
スポンサーリンク

富久長(ふくちょう)株式会社今田酒造本店

醸造元
株式会社今田酒造本店
醸造元所在地
広島県東広島市安芸津町三津3734
杜氏
今田美穂(兼蔵元)
仕込水
三津大川水系(軟水)
概要
富久長(ふくちょう)の沿革やポリシー
 1868年(明治元年)創業。「軟水醸造法」を開発した三浦仙三郎先生ゆかりの地で、銘柄の「富久長」も先生による命名。先生の座右の銘「百試千改」。その情熱と由緒ある酒銘を引き継いでいる。
 八反系の在来品種である「八反草」を復刻し栽培。

富久長(ふくちょう)「純米大吟醸」妙花風

富久長(ふくちょう)「純米大吟醸」妙花風
富久長(ふくちょう)「純米大吟醸」妙花風ラベル

 ラベルは和紙で和柄の巾着や花があしらわれている。センターに銘柄の「富久長」、左に平仮名で「ふくちょう」とルビがありわかりやすい。すぐ右上にサブタイトルの「妙花風」、右外に使用米の「八反草」と特定名称の「純米大吟醸」。左外に醸造元情報。

 妙花風(みょうかふう)とは、世阿弥の能楽用語。 九位の最上位で、言葉で説明できない、芸の位を超えた悟得の境地にある芸。

 オフィシャルサイトの説明は、

「八反草」を磨きあげて醸した、入魂の純米大吟醸雫酒。富久長のフラッグシップです。

 とあります。入魂の純米大吟醸雫酒…楽しみです。

 上立ち香は、非常に華やかで柑橘系を思わせるように香ります。

 含むと、スッキリした軽めの当たりにほのかな甘味が可憐。引き際にジンとした満足感を与えつつ収束。旨いっす。

 2005年の購入当時は全量八反草で麹米掛米共、38%精米でした。

購入:はせがわ酒店

富久長(ふくちょう)「純米大吟醸」妙花風 データ

使用米広島県産八反草38%精米
使用酵母広島吟醸酵母
日本酒度±0
酸度1.3
アルコール度16度
容量180ml
価格1,262円(税別)

富久長(ふくちょう)「純米大吟醸」妙花風に関するリンク

2005/09/08 富久長(ふくちょう)「純米大吟醸」妙花風(日本酒ブログ)

富久長(ふくちょう)「大吟醸」寵深花風(ちょうしんかふう)斗瓶採り

富久長(ふくちょう)「大吟醸」寵深花風(ちょうしんかふう)斗瓶採り
富久長(ふくちょう)「大吟醸」寵深花風(ちょうしんかふう)斗瓶採りラベル

 ラベルは白地で和柄の扇子があしらわれている。センターに銘柄の「富久長」、左に平仮名で「ふくちょう」とルビがありわかりやすい。すぐ右上にサブタイトルの「寵深花風」、右外に特定名称の「大吟醸」。左外に醸造元情報。

 寵深花風(ちょうしんかふう)とは、世阿弥の能楽用語。 九位の中でも「妙花風」に次ぐ第二位で、至り尽くした最深の幽玄の境地。

 とってもやさしい口当たり、どうですか?と優しく語りかけてくるような華やかなお酒です。byYUKI
スッキリと華やかな中にも、ふくよかな旨味を感じます。

購入:たけ蔵さんにいただきました。

富久長(ふくちょう)「純米大吟醸」寵深花風(ちょうしんかふう) データ

使用米山田錦40%精米
使用酵母広島吟醸酵母
日本酒度+5
酸度1.1
アルコール度18.1度
容量720ml
価格非売品

富久長(ふくちょう)「大吟醸」斗瓶採りおりがらみ生酒

富久長(ふくちょう)「大吟醸」斗瓶採りおりがらみ生酒
富久長(ふくちょう)「大吟醸」斗瓶採りおりがらみ生酒ラベル

 ラベルは赤茶色でセンターに金の箔で銘柄の「富久長」、右に搾りの特徴と特定名称で「雫大吟醸」、熟成方法の「斗びん囲い」。左に醸造元情報。肩張りでも「斗瓶採り」。

 上立ち香は、何とも富久長!広島吟醸らしい華やかさで、この酒が米から造られていることを忘れさせてくれそうにフルーティーです。

 含むと優しいアタリの旨み甘みが広がるも、含み香の華やかさに覆われます。目を閉じると花をいっぱい持った今田美穂さん(このお酒を醸している女性杜氏さんです。)がにっこり笑っていそう。来たぞ~これぞ富久長ワールド!

購入:たけ蔵さんにいただきました。

富久長(ふくちょう)「大吟醸」斗瓶採りおりがらみ生酒 データ

使用米山田錦40%精米
使用酵母広島吟醸酵母
日本酒度
酸度
アルコール度18.1度
容量720ml
価格非売品

富久長(ふくちょう)「大吟醸」斗瓶採りおりがらみ生酒に関するリンク

2005/04/19 富久長(ふくちょう)「大吟醸」斗瓶採りおりがらみ生酒(日本酒ブログ)

富久長(ふくちょう)「大吟醸」寵深花風(ちょうしんかふう)

富久長(ふくちょう)「大吟醸」寵深花風(ちょうしんかふう)
富久長(ふくちょう)「大吟醸」寵深花風(ちょうしんかふう)斗瓶採りラベル

 ラベルは白地で和柄の扇子があしらわれている。センターに銘柄の「富久長」、左に平仮名で「ふくちょう」とルビがありわかりやすい。すぐ右上にサブタイトルの「寵深花風」、右外に特定名称の「大吟醸」。左外に醸造元情報。

 寵深花風(ちょうしんかふう)とは、世阿弥の能楽用語。 九位の中でも「妙花風」に次ぐ第二位で、至り尽くした最深の幽玄の境地。

 とってもやさしい口当たり、どうですか?と優しく語りかけてくるような華やかなお酒です。byYUKI
スッキリと華やかな中にも、ふくよかな旨味を感じます。

購入:今田酒造本店

富久長(ふくちょう)「大吟醸」寵深花風(ちょうしんかふう) データ

使用米山田錦40%精米
使用酵母自家培養酵母
日本酒度+4
酸度1.4
アミノ酸度1.1
アルコール度16度以上17度未満
容量720ml
価格3,500円

富久長(ふくちょう)「純米吟醸」HENPEI

富久長(ふくちょう)「純米吟醸」HENPEI
富久長(ふくちょう)「純米吟醸」HENPEIラベル

 ラベルは白地で、扁平精米された米をイメージしたデザイン。右端にタイトルの「HENPEI」。回り込むように裏ラベル要素の情報。内容は

精米歩合から米のカタチへ
これが、扁平精米。
三浦仙三郎が確立した軟水醸造法と、日本で初めての動力精米機を開発した「サタケ」(東広島市)の精米技術によって生まれた広島吟醸酒。120年余りの月日を経て、吟醸酒は新たなステージへ扉を開きます。イノベーションの着眼点は米のカタチ。米を球形に磨く従来型から、薄く磨く扁平精米と玄米と同じ形に磨く原形精米へ。最新鋭の精米機が精米60%で従来型の精米40%と同じたんぱく質の削減率を実現。この「富久長 HENPEI」は、新時代の吟醸酒です。

 上立ち香は、穏やかで明確でないものの、白桃の様に香ります。当初、一合蛇の目猪口ではわからなかったので、後日吟醸酒グラスで見つけた白桃。嫌みのないイイ感じの香りです。

 含むと、…、すっきり♪。何という爽快感。甘味は少な目のため、ほんのり綺麗な旨味だけ表現して、いきなり消えます。何という安定、安心感。後半がないので、イメージを中盤に集中して思い出すと、僅かな酸の細い線で描かれる全体像。いい酒だぁ。

 もう一度注意深く含む。これは、未央柳(ビヨウヤナギ)だ。間合いの合った部分のみ、繊細に描かれるシベや、左の蕾(つぼみ)。色数がしぼられているからこその、まとまった描写。旨いっす。

感想のつづき、購入先(販売店)情報は下記リンクの日本酒ブログへ

製造年月:2020.2.

富久長(ふくちょう)「純米吟醸」HENPEI データ

使用米広島県高宮町産八反草60%精米
使用酵母
日本酒度
酸度
アミノ酸度0.7
アルコール度15度
容量720ml
価格1,800円(税別)

富久長(ふくちょう)「純米吟醸」HENPEIに関するリンク

2020/06/07 富久長(ふくちょう)「純米吟醸」HENPEI(日本酒ブログ)

富久長(ふくちょう)「純米吟醸」GENKEI

富久長(ふくちょう)「純米吟醸」GENKEI
富久長(ふくちょう)「純米吟醸」GENKEIラベル

 ラベルは白地で、原形精米された米をイメージしたデザイン。右端にタイトルの「GENKEI」。回り込むように裏ラベル要素の情報。内容は

精米歩合から米のカタチへ
これが、原形精米。
三浦仙三郎が確立した軟水醸造法と、日本で初めての動力精米機を開発した「サタケ」(東広島市)の精米技術によって生まれた広島吟醸酒。120年余りの月日を経て、吟醸酒は新たなステージへ扉を開きます。イノベーションの着眼点は米のカタチ。米を球形に磨く従来型から、薄く磨く扁平精米と玄米と同じ形に磨く原形精米へ。最新鋭の精米機が精米60%で従来型の精米40%と同じたんぱく質の削減率を実現。この「富久長 GENKEI」は、新時代の吟醸酒です。

 上立ち香は、穏やかで明確でないものの、バナナの様に香ります。扁平精米のお酒同様、一合蛇の目猪口ではわからなかったので、後日吟醸酒グラスで見つけたバナナ。精米以外は全て同じ造りなんですが、香りの感じ方が違います。

 含むと、…、味も違う!。ん?、ガス感?。ジリジリとしたを感じます。甘味は扁平精米のものと同様に非常に僅かで、幅のある押し出しがグイグイ迫ってきます。後半も口中に凹凸となって乱立し、柔らかく徐々に引き上げていきます。

 もう一度注意深く含む。これは!完熟メロンだ。甘味は熟しきらない「シュク」っとした歯ごたえがある時の方が確実に甘いが、熟しきった柔らかさはジューシーなイメージを感じる。熟しきった分発酵が進み、ピリピリとガス感を放つ。旨いっす。

感想のつづき、購入先(販売店)情報は下記リンクの日本酒ブログへ

製造年月:2020.2.

富久長(ふくちょう)「純米吟醸」GENKEI データ

使用米広島県高宮町産八反草60%精米
使用酵母
日本酒度
酸度
アルコール度15度
容量720ml
価格1,800円(税別)

富久長(ふくちょう)「純米吟醸」GENKEIに関するリンク

2020/06/13 富久長(ふくちょう)「純米吟醸」GENKEI(日本酒ブログ)

富久長(ふくちょう)株式会社今田酒造本店に関するYouTube

由紀の酒オンライン日本酒会「富久長」

富久長(ふくちょう)株式会社今田酒造本店に関するリンク

株式会社今田酒造本店さんオフィシャルサイト

関連記事

このサイトは日本酒好きによる個人サイトです。酒類の販売(通販)はしておりません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました