由紀の酒YouTubeチャンネル配信中。チャンネル登録してね。
スポンサーリンク

薩州正宗(さっしゅうまさむね)薩摩金山蔵株式会社

醸造元
薩摩金山蔵株式会社
所在地
鹿児島県いちき串木野市野下13665
杜氏
玉置あゆみ
仕込水
霊峰冠岳の伏流水(軟水)
概要
薩州正宗(さっしゅうまさむね)の沿革やポリシー
 1868年(明治元年)の創業。焼酎蔵が本格焼酎の進化のために清酒を造る。通常の本格焼酎造りでは得られない真価を求めて、米、米麹、冠岳の伏流水だけで丁寧に仕込んでいる。
商品一覧

薩州正宗(さっしゅうまさむね)「純米吟醸」

薩州正宗(さっしゅうまさむね)「純米吟醸」薩州正宗(さっしゅうまさむね)「純米吟醸」ラベル

  ラベルはレトロ感漂う良い雰囲気です。白地にうっすらと見えるのは金山蔵のマークでしょうか。センターに銘柄の「薩州正宗」、そのすぐ右横に「さっしゅうまさむね」とルビがふってあるのも好印象。右に特定名称の「純米吟醸」、左に仕込み水の「冠岳伏流水」。

 上立ち香は非常に穏やか、麹?、何となくカビのようでもあり熟成を思わせます。製造年月は今年の1月となっていますが、上槽はいつなんだろう?。

 含むと、甘味より一瞬早く梅を思わせる酸味が広がり、甘味はいそいそとついてきます。ちょっと変わったバランスながら、個性と言う意味では好印象です。

 後半は旨みと辛味が根を伸ばし、ゆるゆると収束へ向かいます。軽くもなく、重くもない。不思議なバランスで余韻も楽しめます。

 人肌までの燗も試しましたが、このお酒をもっともそれらしく楽しむことができるのは、雪冷えです。すっきりと梅様の酸味・甘味のバランスを楽しむのが吉。

感想のつづき、購入先(販売店)情報は下記リンクの日本酒ブログへ

製造年月:2015年01月

薩州正宗(さっしゅうまさむね)「純米吟醸」 データ

使用米国産米60%精米
日本酒度+1
酸度1.6
アルコール度15度
容量720ml
価格1,500円(税別)

薩州正宗(さっしゅうまさむね)「純米吟醸」に関するリンク

2015/04/01 薩州正宗(さっしゅうまさむね)「純米吟醸」(日本酒ブログ)

薩州正宗(さっしゅうまさむね)薩摩金山蔵株式会社に関するリンク

薩摩金山蔵株式会社さんオフィシャルサイト

関連記事

このサイトは日本酒好きによる個人サイトです。酒類の販売(通販)はしておりません。

コメント