由紀の酒YouTubeチャンネル、オンライン日本酒会の様子も配信中。チャンネル登録してね。

由紀の酒-日本酒談義-

日本酒ガイド

都道府県別にカテゴライズされた銘柄別日本酒ガイドです。瓶やラベルの画像と共にデータや簡単な感想など。

まだ全てのデータを引っ越しできていません。その他は下部の「由紀の酒旧TOPページ」へ。

日本酒に関するリンク

日本酒造組合中央会

日本吟醸酒協会

更新記事

蓬莱泉(ほうらいせん)関谷醸造株式会社
元治元年(1864年)創業。杜氏、統括杜氏、遠山久男。本社工場、荒川貴信。吟醸工房、宮瀬直也。仕込水、奥三河湧き水(軟水)。魔訶、吟、空、美、朋、和、和熟成生酒、酒蔵の詩、可。、しぼりたて、醁/roku、夢筺、人生感意気、別撰、春のことぶれ、はつなつの風、花野の賦などの感想。
恵那山(えなさん)はざま酒造株式会社
杜氏、岩ケ谷雄之。仕込水、恵那山伏流水(軟水)。概要、1892年(明治25年)に株式会社となる。1601年(慶長6年)に間家(はざま家)が中津川に移り住み、江戸中期に酒造業をはじめていた。蔵の正面に望むことができる霊峰「恵那山」の伏流水を仕込み水とし、その清らかな水のごとく澄んだ酒を目指し、「恵那山」と命名。
英君(えいくん)英君酒造株式会社
1881年(明治14年)の創業。酒銘の由来は、創業が日英修好通商条約が結ばれた年という事から「英」の文字を取ったと言う説と、15代将軍徳川慶喜が晩年静岡で過ごされ、慕われていたことから「英でた君主」から名付けられたと言う二通りある。杜氏、粒来保彦。仕込水、桜野沢湧水(軟水)。県知事賞受賞酒、斗びん囲いしずく生、純米大吟醸、斗びん囲い、いろは、紫の英君、紫の英君、備前雄町無濾過生原酒、緑の英君生、緑の英君、チャリ生雫、愛山ノ山廃、山廃 石橋ヲ叩イテ渡ル、ゴクゴク純米14、サンロックの感想。
松の寿(まつのことぶき)株式会社松井酒造店
醸造元 株式会社松井酒造店 醸造元所在地 栃木県塩谷郡塩谷町船生3683 杜氏 松井宣貴(下野杜氏、兼蔵元) 仕込水 高原山麓自家湧水(超軟水) 概要 松の寿(まつのことぶき...
七本鎗(しちほんやり)冨田酒造有限会社
1534年(天文3年)の創業。銘柄「七本鎗(しちほんやり)」の由来は賤ヶ岳の七本槍から。杜氏、中鎮夫(能登杜氏)、冨田泰伸(兼蔵元)。仕込水、奥伊吹山系伏流水(軟水)。
而今(じこん)木屋正酒造合資会社
1818年(文政元年)の創業。而今とは道元禅師が中国での修行時代に悟った世界観で「ただ、今、この一瞬」と言う意味。母屋にある家訓を表す掛け軸の言葉から「過去にも囚われず未来にも 囚われず、今をただ精一杯生きる」と言う願いを込め、命名。杜氏、大西唯克(兼蔵元)。仕込水、自家井戸水(名張川湧水・中軟水)。斗瓶取り、山田錦、雄町、愛山、千本錦、神の穂、酒未来、五百万石、八反錦などの感想。
わかむすめ(和可娘)新谷酒造株式会社
杜氏、新谷文子(蔵元杜氏)。仕込水、佐波川水系(軟水)。概要、1927年(昭和2年)の創業。平成19年には小仕込みによる四季醸造となり、全量を純米、原酒とする。平成30年に梁の損傷を受け、仕込み蔵を移設するなど、幾度とない廃業の危機を乗り越える。夫婦ふたりだけで営む小さな酒蔵。
鶴齢(かくれい)青木酒造株式会社
1717年(享保2年)の創業。現蔵元の先祖に当たる随筆家の鈴木牧之が「鶴齢」と命名したと伝えられる。「和合」の精神で、酒米本来の旨みを残した「淡麗旨口」の酒造りを目指している。杜氏、今井隆博。仕込水、巻機山伏流水(軟水)。
小左衛門(こざえもん)中島醸造株式会社
醸造元 中島醸造株式会社 醸造元所在地 岐阜県瑞浪市土岐町7181-1 杜氏 中島脩生 仕込水 屏風山伏流水(軟水) 概要 小左衛門(こざえもん)の沿革やポリシー  1702年...
花薫光(かくんこう)須藤本家株式会社
醸造元 須藤本家株式会社 醸造元所在地 茨城県笠間市小原2125 杜氏 小森田邦雄 仕込水 伏流水(中硬水) 概要 花薫光(かくんこう)の沿革やポリシー  1141年(永治元年)創...

コメント

  1. 大空 椿 より:

    岩手県 菊の司
    七福神(ふくむすび)純米大吟醸
    斗瓶取り 中取り原酒
    このお酒を探してます。
    ネット通販やインターネットで探しても出回らない幻の日本酒でして
    たまたま手に入れた知人から少し飲ませて貰い感動するほど美味い日本酒でした。
    どこか販売してるお店を知ってたら教えて下さい。
    四号瓶のみしかないらしいです。
    値段は結構高かったときいてます。

    • 大空 椿さん、コメントありがとうございます。
      しかしながら、管理人も菊の司さんのお酒を自宅では飲んだことがありません。
      菊の司さんはオフィシャルサイトがありますので、そちらで問い合わせてはどうでしょうか?
      自分もいつか飲んでみたいです。

  2. 耕ちゃん より:

    こんちわ、お久しぶりです。
    退職すると、動き悪くなりましたが、日本酒は飲んでますよ。
    私も62歳になり、年金生活です。
    91歳の母がいるので、家から飛び出せないのが寂しい。
    また、来ますね。
    日本酒の最新情報がね。

    • akira_yukinosakeyukinosake より:

      おお、耕ちゃんお久しぶり~。
      こちらは相変わらずの、飲み漁りをしております。
      飲んでも飲んでも、次から次へと
      飲みたいお酒が出てきます。
      ブログへのUPも最盛期のペースです。
      でも意外と書き込みは少ないんで
      こんなコメントもらえると嬉しいです。
      またこの場で、どんどん日本酒談義いたしましょう!

  3. 飲んでるべー より:

    青森県の田酒や豐杯以外の酒っていい酒はないのですか?😓あまり名前がうれすぎて名前で飲んでるみたいでガッカリですね😅

    • akira_yukinosakeyukinosake より:

      飲んでるべーさん、コメントありがとうございます。
      何と、飲んでるべーさんにとっては豊盃ももうそう言う位置づけですか。
      相当いろいろ飲まれているのでしょうね。
      自宅でじっくり飲んだことがあるのは青森のお酒では、
      西田酒造店さんの他の銘柄や陸奥八仙以外には「初駒」くらいでしょうか。
      http://www.sakeblog.info/hatsukomajunmaiginjohanatakara/
      飲んでるべーさんが思う青森のいい酒を、ぜひ教えてくださいまし。

  4. 楽酒之会2015年年間最優秀酒決定例会が先日開かれまして、拙ブログにて結果を発表しております。
    皆様ご存知のお酒でしたでしょうか。

    • akira_yukinosakeyukinosake より:

      名倉山?、正直知りませんでした。てっきり「夜明け前」が大賞になるものと思っておりましたが…。また一つ飲んでみたい銘柄が増えました。

      • BUN より:

        ネットサーフィンしていたら、たまたまここに辿り着きました。笑。福島在住ですが、名倉山は私も、しぼりたて純米 無濾過生原酒「月弓」を常飲しております。お試しあれ…因みに、福島の1番は国権「春一番」ですね。何より逆境から復活を成し遂げた蔵がいいのですが、春一番は、本醸造の中ではコク、旨み、華やかさ、含み、とバランスが良く、売れ切れる前に必ず手に入れてます。あるいきさつにより、福島県内の国権会に加盟しているお店にしか卸さないので、全国的には無名ですが、かなり高品質です‼️

        • BUNさん、コメントありがとうございます。名倉山!、埼玉の酒好きの方々にもお勧め頂いていますが、未だに飲めていません。でもBUNさんのコメントでさらに飲みたいと思いましたので、いつか必ず国権と共に、お取り寄せしようと思います。国権もブログで調べたら16年我が家に来ていませんでした。。

タイトルとURLをコピーしました