風の森(かぜのもり)油長酒造株式会社

醸造元
油長酒造株式会社
醸造元所在地
奈良県御所市本町1160
杜氏
松澤一馬
仕込水
金剛葛城山系深層地下水 硬度214mg/l(硬水)
概要
風の森(かぜのもり)の沿革やポリシー

 1719年(享保4年)創業。主要銘柄は風の森(かぜのもり)、鷹長(たかちょう)。風の森の銘柄の由来は、御所市の南部にある風の森峠から。その峠の側で契約栽培の秋津穂が実る。

 仕込み水は高度214mg/Lという硬水で、敷地内の三本の井戸より汲み上げている。

 通常、搾りの時期だけで楽しまれてきた生酒だが、風の森は年間を通してしぼったままの生酒で出荷される。また、笊籬採り(いかきどり)や氷結採りなど搾りにも特徴があり、タンクメーカーと共同開発をして現代でしか味わえない酒を醸している。

風の森(かぜのもり)「純米大吟醸」ALPHAtype4氷結採り

風の森(かぜのもり)「純米大吟醸」ALPHAtype4氷結採り風の森(かぜのもり)「純米大吟醸」ALPHAtype4氷結採りラベル

 ラベルは白色基調で、背景に金剛葛城山系原生林が描かれています。右下に銘柄の「風の森」、左下にタイトルの「ALPHA」、最下部にアルファベットで醸造元情報が書かれています。

 上立ち香は、心地よく華やかにマスカットのように香ります。この時点ですでに高級酒の雰囲気が、バリバリ伝わって来ます。7号酵母ということですが、いい香りが出ています。

 含むと、風の森らしいシュワっと来る炭酸の当たりから、徐々に見えてくる粘性すら感じるかのような純度の高い甘味。おおお、いいなぁ、この安心感のある甘味。これまでも風の森は大好きなので、よく飲んできました。その時は火入れってどんな感じなんだろう?と、必ず落ち着いた雰囲気も想像し、意識はそちらに飛んでしまったものですが、この安心感のある甘味は、このまま、この瞬間からの時間軸だけで満足できそう。

 もう一度注意深く含む。何と言う爽快感。想像できますでしょうか?。粘性すら感じるにも関わらず、同時に爽やかな風を運んでくれる。それはまるで、真っ白なワンピースを着た少女が、風に飛ばされないように麦わら帽子を押さえているような光景。

製造年月:28/01

感想のつづき、購入先(販売店)情報は下記リンクの日本酒ブログへ

 同封されていた商品紹介は、

ALPHA 風の森 TYPE4 へようこそ
氷結採り® 独自開発の革新的な日本酒分離技術。
発酵タンク以外のいかなる装置(搾り機、遠心分離機、濾布など)も使用せず無酸素、無加圧状態で、もろみを日本酒と酒粕に分離する事に成功しました。これは奈良 菩提山正暦寺における日本清酒発祥以来500余年で初の試みとなるものです。
これにより通常、日本酒を搾る工程でもろみが接触していた、酸素や濾布、金属、樹脂などと一切接触する事が無くなりました。その為、氷結採り®によって分離されたお酒は、もろみの液体部分の成分と全く同一のものとなり、圧倒的な透明感で、まさに無垢にして上質な日本酒を味わう事ができるのです。
氷結採り®のメカニズム。
独自設計の発酵タンク内(無酸素状態)で、微生物の働きをコントロールしもろみの固体と液体部分の比重差を利用し分離します。
タンク内で、もろみの比重が重い部分は底に沈殿し、これが酒粕となり、比重が軽い部分は上澄みとなり、これが日本酒となります。

 とあります。新開発されたというタンクを見てみたいものです。

風の森(かぜのもり)「純米大吟醸」ALPHAtype4氷結採り データ

使用米 奈良県産秋津穂22%精米
使用酵母 協会7号酵母
もろみ日数 32日
アルコール度 16度
容量 720ml
容量・価格 5,000円(税別)

風の森(かぜのもり)「純米大吟醸」ALPHAtype4氷結採りに関するリンク

2016/04/30 風の森(かぜのもり)「純米大吟醸」ALPHAtype4氷結採り(日本酒ブログ)

風の森(かぜのもり)「純米大吟醸」山田錦笊籬採り

風の森(かぜのもり)「純米大吟醸」山田錦笊籬採り

 ラベルは白色にエンジ色基調で、背景に金剛葛城山系原生林が描かれています。センターに銘柄の「風の森」、下にアルファベットで「Kaze no Mori」とルビがふってあります。右に特徴の「無濾過無加水」、右外に使用米の「山田錦」、特定名称の「純米大吟醸」。左に原材料などのデータと醸造元情報。左下に製造年月。封印の肩貼りとして搾りの特徴「笊籬採り」が金の箔で書かれています。

 笊籬採り(いかきどり)の笊籬とは、竹で編んだ笊(ざる)のことで、ざるのようなスクリーンを沈めることで、もろみと清酒を分離する方法だそうです。

 上立ち香は、感想は後日。

製造年月:16/11

感想のつづき、購入先(販売店)情報は下記リンクの日本酒ブログへ

風の森(かぜのもり)「純米大吟醸」山田錦笊籬採り データ

使用米 山田錦45%精米
使用酵母 協会7号酵母
もろみ日数 32日
アルコール度 17度
容量 720ml
容量・価格 2,800円(税別)

風の森(かぜのもり)「純米大吟醸」山田錦笊籬採りに関するリンク

2016/12/吉日 風の森(かぜのもり)「純米大吟醸」山田錦笊籬採り(日本酒ブログ)

風の森(かぜのもり)「純米大吟醸」秋津穂しぼり華

風の森(かぜのもり)「純米大吟醸」秋津穂しぼり華風の森(かぜのもり)「純米大吟醸」秋津穂しぼり華ラベル

 ラベルは黄緑色基調で、背景に金剛葛城山系原生林が描かれています。センターに銘柄の「風の森」、その下にアルファベットで「Kaze no Mori」とルビがふってあります。右に特徴の「無濾過無加水」、右外に使用米の「秋津穂」、特定名称の「純米大吟醸」。左に原材料などのデータと醸造元情報。左下に製造年月が書かれています。肩貼りで特定名称の「純米大吟醸」と「しぼり華」。

 上立ち香は明確にバナナの様に香ります。やや生生しく麹ばなのようでもある。

 含むと、これこれ!待ってましたシュワ甘!。香りとつながる甘味と言うキーワードは一緒ではあるが、香りのイメージが異なるため今回はバナナジュース♪。今では四季醸造の蔵もあるが、生生のこの時期ならではの感覚は短い時期を表現しているかのように儚(はかな)い。「うぶ」と言うか中性的なイメージもある。後半は適度に伸びを見せつつも、いい感じにまとまっています。旨いっす。

製造年月:16/11

感想のつづき、購入先(販売店)情報は下記リンクの日本酒ブログへ

風の森(かぜのもり)「純米大吟醸」秋津穂しぼり華 データ

使用米 奈良県産秋津穂50%精米
使用酵母 協会7号酵母
日本酒度 +3.5
酸度 1.9
もろみ日数 36日
アルコール度 17度
容量・価格 720ml・1,500円(税別)
容量・価格 1.8L・3,000円(税別)

風の森(かぜのもり)「純米大吟醸」秋津穂しぼり華に関するリンク

2016/12/24 風の森(かぜのもり)「純米大吟醸」秋津穂しぼり華2016BY(日本酒ブログ)

2014/07/05 風の森(かぜのもり)「純米大吟醸」秋津穂しぼり華25BY(日本酒ブログ)

2013/11/11 風の森(かぜのもり)「純米大吟醸」秋津穂しぼり華24BY(日本酒ブログ)

2004/10/06 風の森(かぜのもり)「純米大吟醸」秋津穂しぼり華15BY(日本酒ブログ)

風の森(かぜのもり)「純米大吟醸」キヌヒカリしぼり華

風の森(かぜのもり)「純米大吟醸」キヌヒカリしぼり華

 ラベルはオレンジ色基調で、背景に金剛葛城山系原生林が描かれています。センターに銘柄の「風の森」、右に特徴の「無濾過無加水」、左に原材料などのデータと醸造元情報。肩貼りで特定名称の「純米大吟醸」と「しぼり華」。

 まずは程よく色づく山吹色に目が行きます。

 上立ち香はバニラのように優しく香る。

 含むと、ラムネ様のフレッシュな香りが鼻に抜けると同時に完熟バナナを思わせるような甘味が「ぶわっ」っと膨らみます。メリハリのある程好い甘さながら、どこか安心感を感じさせるところは下支えしているかのような酸によるものか?。旨いっす。

 以前いただいたアキツホ米のお酒も旨かったが、このお酒も素晴らしいコストパホーマンスです。

製造年月:08/12

感想のつづき、購入先(販売店)情報は下記リンクの日本酒ブログへ

※由紀の酒パフォーマンス部門 Best of the year 2009

風の森(かぜのもり)「純米大吟醸」キヌヒカリしぼり華 データ

使用米 奈良県産キヌヒカリ45%精米
使用酵母 協会7号酵母
日本酒度 -2.5
酸度 1.8
アルコール度 17度
容量・価格 720ml・1,450円(税別)
容量・価格 1.8L・2,900円(税別)

風の森(かぜのもり)「純米大吟醸」キヌヒカリしぼり華に関するリンク

2009/01/29 風の森(かぜのもり)「純米大吟醸」キヌヒカリしぼり華(日本酒ブログ)

風の森(かぜのもり)「純米」秋津穂笊籬採り

風の森(かぜのもり)「純米」秋津穂笊籬採り

 ラベルは乳白色基調で、背景に金剛葛城山系原生林が描かれています。センターに銘柄の「風の森」、その下にアルファベットで「Kaze no Mori」とルビがふってあります。右に特徴の「無濾過無加水」、右外に使用米の「秋津穂」、特定名称の「純米」。左に原材料などのデータと醸造元情報。左下に製造年月が書かれています。封印の肩貼りとして搾りの特徴「笊籬採り」が金の箔で書かれています。

 上立ち香は、開栓したての濃いイメージのアルコールの揮発感から、徐々にマスカットに変わっていきます。ほんのり麹も混ざる。

 含むと、何とも濃密。甘味が牽引役となり、ガス感と酸を従え流れ込んできます。これだけのボリュームを見せるも、雑味がまったく感じられない。ジューシーだなぁ♪。何と言うまとまり。

 もう一度注意深く含む。なるほど濃いのに透明感と言うイメージがわかります。それはまるで、ぶあつい手吹きガラスを通して見る景色のよう。美しい透明感ながら微妙な歪みは、甘味が場面を揺らしています。旨いっす。

製造年月:16/09

感想のつづき、購入先(販売店)情報は下記リンクの日本酒ブログへ

風の森(かぜのもり)「純米」秋津穂笊籬採り データ

使用米 奈良県産秋津穂65%精米
使用酵母 協会7号酵母
アルコール度 17度
容量 720ml
価格 1,350円(税別)

風の森(かぜのもり)「純米」秋津穂笊籬採りに関するリンク

2016/12/吉日 風の森(かぜのもり)「純米」秋津穂笊籬採り(日本酒ブログ)

風の森(かぜのもり)「純米」秋津穂しぼり華

風の森(かぜのもり)「純米」秋津穂しぼり華

 ラベルは乳白色基調で、背景に金剛葛城山系原生林が描かれています。センターに銘柄の「風の森」、その下にアルファベットで「Kaze no Mori」とルビがふってあります。右に特徴の「無濾過無加水」、右外に使用米の「秋津穂」、特定名称の「純米」。左に原材料などのデータと醸造元情報。左下に製造年月が書かれています。封印の肩貼りで特定名称の「純米」と「しぼり華」。

 いつもの一合お猪口に、8分目まで注ぐ。風の森の代名詞でもある細かい気泡がついています。

 上立ち香は、結構明確に麹様の香り。何となく甘味すら感じられるような、いかにも旨そうな香りです。

 含むと、メリハリあるなぁ~。ガス感を伴う風の森らしいファーストアタックは、起伏のある甘味がせりあがってくるところから物語が始まります。結構冷えている状態も相まって、純米大吟醸との差は僅かとも思えるほど綺麗さも感じます。

 もう一度注意深く含む。場面変化とまでは行かないまでも確実にメリハリが増し、先ほどとは違う表情を見せる。展開がゆっくりなところは昔の純愛ドラマのよう。はらはらドキドキが無いわけではないが、意味の分からない展開はない分、安心して飲んでいられます。

 後半は、こうなったらいいのになぁと思う通りのハッピーエンドで、十分に堪能した甘味も引き上げていきます。画面には「fin」の文字。旨いっす。

製造年月:16/11

感想のつづき、購入先(販売店)情報は下記リンクの日本酒ブログへ

風の森(かぜのもり)「純米」秋津穂しぼり華 データ

使用米 奈良県産秋津穂65%精米
使用酵母 協会7号酵母
アルコール度 17度
容量・価格 720ml・1,050円(税別)
容量・価格 1.8L・2,090円(税別)

風の森(かぜのもり)「純米」秋津穂しぼり華に関するリンク

2016/12/吉日 風の森(かぜのもり)「純米」秋津穂しぼり華(日本酒ブログ)


風の森(かぜのもり)油長酒造株式会社に関するリンク

油長酒造株式会社さんオフィシャルサイト

由紀の酒 Best of the year 2009


このサイトは日本酒好きによる個人サイトです。酒類の販売(通販)はしておりません。

コメントいただける場合は、下部のコメントエリアに書き込み、送信してください。Google+、Facebookでログインされている方は、それぞれマークをクリックすることでもコメントしていただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...