黒龍(こくりゅう)黒龍酒造株式会社

醸造元
黒龍酒造株式会社
所在地
福井県吉田郡永平寺町松岡兼定島11-58
杜氏
畑山浩
仕込水
黒龍(こくりゅう)「仕込み水」

九頭竜川伏流水(軟水)

霊峰白山山系九頭竜川伏流水は雪解け水が長い年月をかけ、山の滋養という濾過を経て、再び名水として湧き出る。

白いタンクに貯められた水は、レイリー散乱により綺麗なブルーに見えます。

取り組み
黒龍酒造

 文化元年(1804年)初代蔵元の二左衛門により創業。銘柄は蔵がある松岡町を流れる九頭竜川の古名「黒龍川」に由来する。屋号は石田屋。

 黒龍のラベルの書は、パリの個展で有名な福井を代表する書家・吉川壽一氏のもので、ラベルは福井の伝統古布(八十八、龍)や越前和紙(二左衛門、石田屋、しずく、火いら寿)が採用されている。

 黒龍酒造さんでは、「清酒に興味がない人にも、このお酒の良さを知ってもらう」「清酒の楽しみ方をもっと伝える」と言う取り組みがある。大吟醸酒を全国に先駆けて出したことは有名だが、さらに多くの人に知ってもらうため、大吟醸酒をお手軽にと言うコンセプトで「吟のとびら」を出している。

 また、居酒屋さんなどでも小容量で提供しやすくするため、120mlと90mlの容量が計測できる目印がデザインされた、吟醸酒の香りが引き立つ口すぼまりの形状の「黒龍 酒グラス」を提案している。

 楽しみ方としては、湯煎でじっくりと温める風情あるお燗文化の浸透に「燗たのし」が一役買っている。

 そして今回2015年のリニューアルの特色としては、純米酒系比率の高まりと、本醸造酒・一般酒の需要低迷から商品構成を見直したこと。四合瓶の価格を少しお値打ちにすることで日本酒の小容量化を推進していくということでした。冷蔵庫での保管のしやすさ、開栓後から飲み切りまでの時間、テーブル上での取り扱いなど、日本酒普及の鍵となるということです。

 さらに詳しい取り組みについては、黒龍酒造さんオフィシャルサイトのブランドストーリー>〇杯から、一杯への想いをご参照ください。

黒龍酒造

黒龍(こくりゅう)「純米大吟醸」石田屋

黒龍(こくりゅう)「純米大吟醸」石田屋黒龍(こくりゅう)「純米大吟醸」石田屋ラベル

 何といっても特徴のある瓶ですので、ラベルはシンプルです。和紙に屋号の石田屋と印のみ。毎年11月に8000本、原酒のまま2~3年熟成したものの中から、厳選しブレンド調整してから出荷される。

箱には口上が同封されていました。

凍てつくような大寒の酒蔵の中、蔵人が眠る間もなく醸した香味豊かな大吟醸純米酒を、あえて低温にて長期に熟成させました。よりいっそうのまろやかさが加わり、創業の文化元年より続いている屋号「石田屋」を酒銘として命名いたしました。10~15度に冷やして時の流れとともに深まった香味をお楽しみください。

 よりいっそうのまろやかさとは…。

 上立ち香は、例年より華やかでマスカットの様に心地よく香ります。含むと、えっ?。想像していたはずなんです、その美しさを。しかしその想像を遥かに超え、とてつもない優しい口当たり、そして穏やかな甘味。心を洗われる爽やかなそよ風のような軽い音色は、少女がそのそよ風でスカートを揺らし微笑みながら吹くオカリナの音色…

感想の続き・購入先は下記リンクの日本酒ブログへ

製造年月:2014/11上

※由紀の酒 Best of the year 2001

黒龍(こくりゅう)「純米大吟醸」石田屋に関するデータ

使用米 兵庫県東条産特A山田錦35%精米
使用酵母 蔵内保存酵母
日本酒度 +5
酸度 1.2
アミノ酸度 1.1
アルコール度 15度
容量 720ml
価格 10,000円(税別)

黒龍(こくりゅう)「純米大吟醸」石田屋に関するリンク

2016/01/11 黒龍(こくりゅう)「純米大吟醸」石田屋2015(日本酒ブログ)

2015/01/17 黒龍(こくりゅう)「純米大吟醸」石田屋2014(日本酒ブログ)

2014/01/04 黒龍(こくりゅう)「純米大吟醸」石田屋2013(日本酒ブログ)

2008/01/08 黒龍(こくりゅう)「純米大吟醸」石田屋2007(日本酒ブログ)

2006/01/07 黒龍(こくりゅう)「純米大吟醸」石田屋2005(日本酒ブログ)

2005/01/19 黒龍(こくりゅう)「純米大吟醸」石田屋2004(日本酒ブログ)

黒龍(こくりゅう)「純米大吟醸」二左衛門

黒龍(こくりゅう)「純米大吟醸」二左衛門黒龍(こくりゅう)「純米大吟醸」二左衛門ラベル

 以前は一升瓶もありましたが現在は4合瓶のみの出荷となりました。瓶の形やラベルは石田屋同様。和紙の縦長で二左衛門の銘と印のみとなっております。毎年11月に5000本、原酒のまま斗瓶囲いし1年熟成したものの中から、厳選し調整してから出荷される。

箱には口上が同封されていました。

最高級の酒米と清澄な水、そして蔵人の技と情熱で醸された香味豊かな大吟醸純米酒を斗瓶囲いし、独自の方法で熟成させました。上品でエレガントな香味に仕上がり、初代蔵元「二左衛門」を酒銘として命名いたしました。8~10°に冷やして新鮮な香りと旨みをお楽しみください。

 上品でエレガントな香味とは…。

 上立ち香はほのかに白桃のように香ります。昨年よりやや大人しい印象。含むと、丸みのある優しい甘味が好印象ながら、やや淡い。しかし二口目には淡さを想定したからか?もう少し甘味が乗って来る、と言うか誘われる。何とも艶めかしい、妖艶と言う言葉がぴったりきます。

 吸い込まれるような、我を忘れそうな妖しさ。これは、妖刀とも言われるような…

感想の続き、購入先情報は下記リンクの日本酒ブログへ

製造年月:2014/11上

黒龍(こくりゅう)「純米大吟醸」二左衛門に関するデータ

使用米 兵庫県東条産特A山田錦35%精米
使用酵母 蔵内保存酵母
日本酒度 +5
酸度 1.1
アミノ酸度 1.1
アルコール度 15度
容量 720ml
価格 10,000円(税別)

黒龍(こくりゅう)「純米大吟醸」二左衛門に関するリンク

2016/01/19 黒龍(こくりゅう)「純米大吟醸」二左衛門2015(日本酒ブログ)

2015/01/20 黒龍(こくりゅう)「純米大吟醸」二左衛門2014(日本酒ブログ)

2014/01/07 黒龍(こくりゅう)「純米大吟醸」二左衛門2013(日本酒ブログ)

2008/01/24 黒龍(こくりゅう)「純米大吟醸」二左衛門2007(日本酒ブログ)

黒龍(こくりゅう)「大吟醸」八十八号

黒龍(こくりゅう)「大吟醸」八十八号黒龍(こくりゅう)「大吟醸」八十八号ラベル

 ラベルはカラフルな糸を織り込んだ布地で、金の箔で中央に八十八号とプリントしてあります。右肩に黒龍の銘柄。それ以外は全て裏ラベルに譲るシンプルなものですが、高級感があります。色の薄い機械式の瓶もお洒落でいかにもとびっきりらしい。

 八十八号とはタンクナンバーのことで、その年特に出来の良いお酒を八十八号タンクに集めたことから付けられた名前です。同封されていた紙には「お願い」が書かれていました。

このお酒は、蔵人が眠る間を惜しみ情熱を注ぎ込んで醸した大吟醸酒です。

冷蔵庫で保存し、10℃~15℃前後の温度で大吟醸酒ならではの素晴らしい香味をお楽しみ下さい。

 大吟醸ならではの素晴らしい香味とは…

 上立ち香は、心地よく華やかでマスカットの様に香ります。含むと・・・い、い~酒だぁ。綺麗ぇ~な甘味。優しぃ~口当たり。潔い引き。何か表現できないか?、特徴はないか?、そんな風に考えながら飲んでいると、あっという間になくなります。あ~、もう何も考えずにうっとりしながら飲んでいたい!。でももう一杯いくのももったいない。そんな貧乏性も出てきて…

感想の続き、購入先情報は下記リンクの日本酒ブログへ

製造年月:2014/11上

黒龍(こくりゅう)「大吟醸」八十八号に関するデータ

使用米 兵庫県東条産特A山田錦35%精米
使用酵母 蔵内保存酵母
日本酒度 +4
酸度 1.3
アミノ酸度 1.1
アルコール度 15度
容量 720ml
価格 5,000円(税別)

黒龍(こくりゅう)「大吟醸」八十八号に関するリンク

2016/01/31 黒龍(こくりゅう)「大吟醸」八十八号2015(日本酒ブログ)

2015/01/21 黒龍(こくりゅう)「大吟醸」八十八号2014(日本酒ブログ)

2009/01/21 黒龍(こくりゅう)「大吟醸」八十八号2008(日本酒ブログ)

2008/01/08 黒龍(こくりゅう)「大吟醸」八十八号2007(日本酒ブログ)

黒龍(こくりゅう)「大吟醸」しずく

黒龍(こくりゅう)「大吟醸」しずく黒龍(こくりゅう)「大吟醸」しずくラベル

 濃い色の機械式の瓶に目が行きます。ラベルはそれもあってかいたってシンプル。和紙の中央に趣のある字体で「しずく」、右肩に銘柄の黒龍。

 しずくとはこのお酒の上槽(「もろみ」を酒粕と清酒に分離する)方法がもろみを酒袋に入れ吊るして、滴り落ちてくる「雫(しずく)」を集めたことから名付けられています。瓶の首からかけられている大福帳と書かれた口上には…

大寒の凍てつく寒さの中での秘術をつくした吟醸造り、自然に滴り落ちる入魂の一滴から「しずく」と命名いたしました。容器は明治末より長い間使用された懐かしいアンティークボトル(機械口)を再現。吟醸のみが持つデリシャスな香り、滑らかな舌ざわりを本当に酒を愛する方に蔵出しさせて頂きます。

 とあります。デリシャスな香り、滑らかな舌ざわりとは…

 上立ち香は、例年より比較的華やかでメロンを思わせるように香ります。ううう、イイ♪。含むと、キュっと締まった繊細な口当たりの中に、ほんのり甘味を表現したかと思うと、僅かな苦味と共に足早に切れていきます。いかにもとびっきりらしい引き際。飲み進んでいくと、甘味の押し出しが増えると共に、先ほど引き際に感じた苦味が消え、さらに滑りよくスルスルと喉を通ります。それはまるでベタ凪の湖面を…

感想の続き、購入先情報は下記リンクの日本酒ブログへ

製造年月:2014/11上

黒龍(こくりゅう)「大吟醸」しずくに関するデータ

使用米 兵庫県東条産特A山田錦35%精米
使用酵母 蔵内保存酵母
日本酒度 +5
酸度 1.2
アミノ酸度 0.9
アルコール度 15度
容量・価格 720ml・5,000円(税別)
容量・価格 1.8L・10,000円(税別)

黒龍(こくりゅう)「大吟醸」しずくに関するリンク

2016/01/28 黒龍(こくりゅう)「大吟醸」しずく2015(日本酒ブログ)

2015/01/23 黒龍(こくりゅう)「大吟醸」しずく2014(日本酒ブログ)

2013/07/09 黒龍(こくりゅう)「大吟醸」しずく2013(日本酒ブログ)

2009/01/21 黒龍(こくりゅう)「大吟醸」しずく2008(日本酒ブログ)

2005/08/05 黒龍(こくりゅう)「大吟醸」しずく2005(日本酒ブログ)

黒龍(こくりゅう)「純米大吟醸」火いら寿

黒龍(こくりゅう)「純米大吟醸」火いら寿黒龍(こくりゅう)「純米大吟醸」火いら寿ラベル

 透明の機械式瓶が高級感に爽やかさがあって好印象。ラベルはシンプルですが和紙でこれまた高級感。センターに火いら寿、右に金の箔で特定名称。黒龍とわかるのは左の小さな社名のみとなっています。現在は右には黒龍の文字、左は落款のみとさらにシンプルになっています。

 オフィシャルサイトには…

新鮮な香味と繊細な味わいをあわせもつ純米大吟醸酒で生酒の最高峰。明治初期の生酒に使用していた「火いら寿」の版木から名付けました。

 とあります。新鮮な香味と繊細な味わいとは…

 上立ち香は、心地よく華やかで洋梨の様に香ります。非常に上品な香り。含むとこれまた上品!、無濾過生の生らしさとはまた違う穏やかな旋律。ころころと転がる様はショパンの子犬のワルツか?。絶妙なメゾピアノに耳を澄ますと…

感想の続き、購入先情報は下記リンクの日本酒ブログへ

製造年月:2010/02上

黒龍(こくりゅう)「純米大吟醸」火いら寿に関するデータ

使用米 兵庫県東条産特A山田錦35%精米
使用酵母 蔵内保存酵母
日本酒度 +5
酸度 1.2
アミノ酸度 0.9
アルコール度 15度
容量 720ml
価格 5,000円(税別)

黒龍(こくりゅう)「純米大吟醸」火いら寿に関するリンク

2010/04/30 黒龍(こくりゅう)「純米大吟醸」火いら寿21BY(日本酒ブログ)

2006/07/26 黒龍(こくりゅう)「純米大吟醸」火いら寿18BY(日本酒ブログ)

2004/03/10 黒龍(こくりゅう)「純米大吟醸」火いら寿(日本酒ブログ)

黒龍(こくりゅう)「大吟醸」龍

黒龍(こくりゅう)「大吟醸」龍黒龍(こくりゅう)「大吟醸」龍ラベル2015

 ラベルはベージュの生地に金で龍とプリントされています。右上に黒龍の銘柄、その下に大吟醸酒と読める印。

 オフィシャルサイトの説明では…

ワインの熟成を応用し、全国に先駆けて1975年に発売したロングセラー大吟醸酒。蔵人の情熱が上品な果実香と上質な味わいを生み出します。

 とあります。上品な果実香と上質な味わいとは…

  上立ち香は、穏やかながら心地よくシナモンのように香ります。瑞々しいマスカットをも思わせます。なるほど~上品です。含むと…、すっきり♪、これぞ大吟醸。そして口中にはもうない。これほどの「すっきり」の要因は何だろう?と、もう一度注意深く含む。全神経を集中させて、このお酒の深いところを見に行く。見つけた!、ほんの一瞬ながら舌をジンとさせるもの。しかし酸とも違う、苦味でもないような…

感想の続き、購入先情報は下記リンクの日本酒ブログへ

製造年月:2015/03下

黒龍(こくりゅう)「大吟醸」龍に関するデータ

使用米 兵庫県東条産特A山田錦40%精米
使用酵母 蔵内保存酵母
日本酒度 +4
酸度 1.2
アミノ酸度 1.2
アルコール度 15度
容量・価格 720ml・4,000円(税別)
容量・価格 1.8L・8,000円(税別)

黒龍(こくりゅう)「大吟醸」龍に関するリンク

2015/07/17 黒龍(こくりゅう)「大吟醸」龍(日本酒ブログ)

黒龍(こくりゅう)「大吟醸」

黒龍(こくりゅう)「大吟醸」黒龍(こくりゅう)「大吟醸」ラベル

 ラベルはグレーでドットのグループストライプが入っており、銅の箔でセンターに銘柄。右に特定名称、左に落款とシンプルなものになっています。

 オフィシャルサイトの説明では

ふくよかな香り、透明な喉ごし、爽やかな飲み心地が人気の大吟醸。絹の羽二重織のようにしなやかできめ細やかな味わいをお楽しみください。

 絹の羽二重織とはいかに…

 大吟醸一年ものです。ふくよかなフルーティーな香り、透明な喉越し、さわやかな飲み心地をお楽しみ下さい。

 50%精米ながら、大吟醸と呼ぶのに相応しい綺麗さと巾のある旨味を併せ持っています。

感想の続き、購入先情報は下記リンクの日本酒ブログへ

製造年月:H19/04

黒龍(こくりゅう)「大吟醸」に関するデータ

使用米 麹米、兵庫県産特A地区山田錦50%精米。

掛米、福井県産五百万石50%精米。
使用酵母 蔵内保存酵母
日本酒度 +4
酸度 1.3
アミノ酸度 1.1
アルコール度 15度
容量・価格 720ml・2,500円(税別)
容量・価格 1.8L・5,000円(税別)

黒龍(こくりゅう)「大吟醸」に関するリンク

2015/09/03 黒龍(こくりゅう)「大吟醸」(日本酒ブログ)

黒龍(こくりゅう)「大吟醸」特吟

黒龍(こくりゅう)「大吟醸」特吟黒龍(こくりゅう)「大吟醸」特吟ラベル

 以前は大吟醸タイプのお酒ですと言いながら、「吟醸」特撰吟醸と言う位置づけでしたが。2015年4月のリニューアルで晴れて「大吟醸」表記になりました。

 ラベルは和を思わせる藍染をさらしたような背景に、センターに黒龍の銘柄が金の箔で施されています。右に特吟50。シンプルなものとなっています。

 オフィシャルサイトの説明では…

50%に高精米された酒造好適米を低温でゆっくりと丁寧に仕込みました。透き通るようにきらめくクリスタルのような大吟醸酒です

 とあります。透き通るようなクリスタルとはいかに…

 上立ち香は心地よくフルーティに香ります。微妙に芳香族の香り。含むと香りがふわっと華やかに膨らみ、マスカット系の香りと気づく。黒龍らしい綺麗な造りでスッキリとしている中にも、ほのかな甘味を感じられる。味の出は短く、後半は…

感想の続き、購入先情報は下記リンクの日本酒ブログへ

製造年月:05/06

黒龍(こくりゅう)「大吟醸」特吟に関するデータ

使用米 福井県産五百万石50%精米
使用酵母 蔵内保存酵母
日本酒度 +4
酸度 1.3
アミノ酸度 1.1
アルコール度 15度
容量・価格 720ml・1,600円(税別)
容量・価格 1.8L・3,300円(税別)

黒龍(こくりゅう)「大吟醸」特吟に関するリンク

2015/08/26 黒龍(こくりゅう)「大吟醸」特吟(日本酒ブログ)

2005/07/26 黒龍(こくりゅう)「吟醸」特吟(日本酒ブログ)

黒龍(こくりゅう)「純米吟醸」

黒龍(こくりゅう)「純米吟醸」黒龍(こくりゅう)「純米吟醸」ラベル

 ラベルは赤茶色の地にグループストライプが施されています。センターに金の箔で銘柄の黒龍。右に白で純吟と書かれています。シンプルで好感がもてます。

 オフィシャルサイトには…

福井県産五百万石が持つ米本来の旨みを引き出しつつ、爽やかな飲み心地を追求しました。味と香りのハーモニーが醸す深いうまさの純米吟醸酒です。

 とあります。味と香りのハーモニーはいかに…

 上立ち香は、心地よい程度にメロンのように香ります。なかなかの上質感。含むと、「いっちょらい」よりも一回り大きい癖の無い旨みを、可愛らしく舌に乗っけます。何とも幸せになれるひと時です。後半は短めながら余韻を残し、比較的スッキリと切れていきます。どこかが抜きん出ているわけではなく、全体的に結構な高得点。これが味と香りのハーモニーなんだろうなぁ♪。

 次に人肌まで燗にしてみました。この時期に?と思われるかもしれませんが、冷房を効かせて体の表面が水分を欲しがるのを待ちます。肌がさらさらしてきたころ、この燗をいただく…

感想の続き、購入先情報は下記リンクの日本酒ブログへ

製造年月:2015/05下

※由紀の酒パフォーマンス部門 Best of the year 2011

黒龍(こくりゅう)「純米吟醸」に関するデータ

使用米 福井県産五百万石55%精米
使用酵母 蔵内保存酵母
日本酒度 +3
酸度 1.4
アミノ酸度
アルコール度 15度
容量・価格 720ml・1,300円(税別)
容量・価格 1.8L・2,700円(税別)

黒龍(こくりゅう)「純米吟醸」に関するリンク

2015/07/23 黒龍(こくりゅう)「純米吟醸」2015(日本酒ブログ)

2012/01/09 黒龍(こくりゅう)「純米吟醸」22BY(日本酒ブログ)

2004/03/14 黒龍(こくりゅう)「純米吟醸」(日本酒ブログ)

黒龍(こくりゅう)「吟醸」いっちょらい

黒龍(こくりゅう)「吟醸」いっちょらい黒龍(こくりゅう)「吟醸」いっちょらいラベル

 ラベルはグレーの地にグループストライプが施されています。センターに銘柄の「いっちょらい」が横書きで書かれています。その上に特定名称の吟醸、下に小さく黒龍と書かれています。

 オフィシャルサイトの説明は…

「いっちょらい」とは福井の方言で「一張羅」のこと。福井県産五百万石で仕込んだ心地よい吟醸香とくせのない旨さが人気の定番吟醸酒です。

 とあります。心地よい吟醸香とくせのない旨さとは…

 上立ち香は、非常に穏やかでほんのりバニラのように香ります。僅かながらコックリとした栗も混ざる。含むと…、あれ?。想定以上のフラットな美しい口当たりに、驚いているうち収束。もう一度注意深く含む。穏やかな甘味の後、なめらかに音もなく滑って行く様は…

感想の続き、購入先情報は下記リンクの日本酒ブログへ

製造年月:2015/05下

黒龍(こくりゅう)「吟醸」いっちょらいに関するデータ

使用米 福井県産五百万石55%精米
使用酵母 蔵内保存酵母
日本酒度 +5
酸度 1.3
アミノ酸度
アルコール度 15度
容量・価格 720ml・1,150円(税別)
容量・価格 1.8L・2,450円(税別)

黒龍(こくりゅう)「吟醸」いっちょらいに関するリンク

2015/07/18 黒龍(こくりゅう)「吟醸」いっちょらい(日本酒ブログ)

黒龍(こくりゅう)「吟醸」餘波(なごり)

黒龍(こくりゅう)「吟醸」餘波(なごり)黒龍(こくりゅう)「吟醸」餘波(なごり)ラベル

 ラベルはセンターやや左に餘波、すぐ右に「なごり」とルビがふってあります。右に銘柄の黒龍、左に生貯蔵酒と言う特徴が書かれています。背景には何かの花が描かれていますが、福井ということで水仙だろうか?。左後ろへ回り込み、醸造元などの情報。

 現在のオフィシャルサイトでも銘柄の由来が書かれていますが、以前書かれていたのは…

俳聖、松尾芭蕉は「奥の細道」の旅すがら、松岡天龍寺に一泊し翌朝、弟子北枝との別れにのぞみ「物書きて扇引きさく餘波かな」の句を遺しました。地元松岡での歴史ある句にちなみ、餘波と名付けました。

 とありました。

 上立ち香は心地よく華やかに、マスカットを思わせるように香ります。華やかと言っても嫌味はなく、バランスの良さを感じさせてくれます。いい香りが出ています。

 含むと、非常に上品なファーストインプレッション。押すと言うより添える程度の圧力で、美しい甘味が広がります。しかしそれは一瞬でしかなく、収束を迎えるのも速い。

 もう一度注意深く含む。この上品さはいかにも黒龍!、酸を押さえ込んだからこそ感じるような、にじみ出てくる甘味。すっきりと飲ませて、さっさと引き上げていきます。この添えるだけの圧力、これはお淑やかな和服美女が、先行く自分の腕にそっと手を置き付いて来るイメージ。「ほしたら、うちはここで…。」と去っていった後も、何となく手の感触が…。これが餘波(なごり)か?。旨いっす。

感想の続き、購入先情報は下記リンクの日本酒ブログへ

製造年月:2015/05下

黒龍(こくりゅう)「吟醸」餘波(なごり)に関するデータ

使用米 福井県産五百万石55%精米
使用酵母 蔵内保存酵母
日本酒度 +3
酸度 1.2
アルコール度 14.5度
容量 300ml
価格 500円(税別)

黒龍(こくりゅう)「吟醸」餘波(なごり)に関するリンク

2016/05/20 黒龍(こくりゅう)「吟醸」餘波(なごり)生貯蔵(日本酒ブログ)

黒龍(こくりゅう)「純米吟醸」純吟三十八号

黒龍(こくりゅう)「純米吟醸」純吟三十八号

 ラベルは赤褐色でセンターのみ縦に薄くなっており、純吟三十八号の銘柄が映えるようなっています。右に黒龍と特定名称、シンプルです。

 以前は酒門の会限定で春に生酒、秋に生詰が出荷されていましたが、2015年4月のリニューアルから一般化され、秋の季節限定酒となりました。

 オフィシャルサイトの説明は…

厳選した山田錦から生み出される上質な米の旨みは、熟成を経てよりふくよかになりました。香味共に深まる秋限定の純米吟醸酒です。

 とあります。ふくよかな上質な旨みとは…

 …

感想の続き、購入先情報は下記リンクの日本酒ブログへ

製造年月:H26/02

黒龍(こくりゅう)「純米吟醸」純吟三十八号に関するデータ

使用米 麹米、兵庫県産山田錦50%精米、掛米、兵庫県産山田錦55%精米
使用酵母 蔵内保存酵母
日本酒度 +3
酸度 1.4
アルコール度 16度
容量・価格 720ml・1,700円(税別)
容量・価格 1.8L・3,800円(税別)

黒龍(こくりゅう)「純米吟醸」純吟三十八号に関するリンク

2005/07/29 黒龍(こくりゅう)「純米吟醸」純吟三十八号(日本酒ブログ)

黒龍(こくりゅう)「純米吟醸」純吟垂れ口

黒龍(こくりゅう)「純米吟醸」純吟垂れ口黒龍(こくりゅう)「純米吟醸」純吟垂れ口ラベル

 ラベルは薄い赤紫でセンターのみ縦に薄くなっており垂れ口の文字が映えます。右に黒龍と純吟の文字、シンプルです。

 オフィシャルサイトの説明は…

槽口から流れる純米吟醸のうすにごり新酒を生のまま瓶詰いたしました。しぼりたて原酒独特のみずみずしさ溢れる味わいをお楽しみください。

 とあります。2月発売予定の季節限定、薄にごり生原酒。黒龍では珍しい生原酒はいかに…

 上立ち香は心地よく、青りんごを思わせるように香ります。リンゴの中でも爽やかさを感じる分の青りんご♪、いい香りが出ています。

 含むと、程よいバランスの甘味と酸味。※本醸造垂れ口の粘度のある甘味から勝手に想像していた甘味は、想定外に落ち着いていて酸の裏にうまくかくれんぼ。その分すっきりと飲ませてくれます。

 もう一度注意深く含む。原酒らしいメリハリと爽やかな旨味は、後半でもてきぱきと仕事をし僅かな余韻を残して消えていきます。

 いつの間にか空になった一合蛇の目に、躊躇なくもう一度注ぐ。今度は薄にごりの部分も混ぜて…

感想の続き・購入先は下記リンクの日本酒ブログへ

黒龍(こくりゅう)「純米吟醸」純吟垂れ口に関するデータ

使用米 福井県産五百万石55%精米
使用酵母 蔵内保存酵母
日本酒度 +5
酸度 1.4
アルコール度 17度
容量・価格 720ml・1,400円(税別)
容量・価格 1.8L・3,000円(税別)

黒龍(こくりゅう)「純米吟醸」純吟垂れ口に関するリンク

2016/03/17 黒龍(こくりゅう)「純米吟醸」純吟垂れ口(日本酒ブログ)

黒龍(こくりゅう)「吟醸」ひやおろし

黒龍(こくりゅう)「吟醸」ひやおろし黒龍(こくりゅう)「吟醸」ひやおろしラベル

 ラベルは褐色でセンターのみ縦に薄くなっておりひやおろしの文字が映えます。右に銘柄の黒龍と特定名称の吟醸とシンプルなものになっています。

 オフィシャルサイトの説明は…

寒造りのお酒は低温熟成され、秋の訪れとともに旨みがのりまろやかになります。実りの季節の旬を引きたてる吟醸酒の秋上がり原酒です。

 とあります。旨みののったまろやかさとは…

 上立ち香は、心地よく華やかでバナナの様な香りからメロンの香りへと変化して行きます。結構好きな香りの出かたです。含むと、粘度のある甘味を彷彿させつつも、黒龍らしく綺麗に引けていきます。しかも早い。もう一度注意深く含む。丸みのある甘味はやはり主役を務めるが、アルコール度の濃さを感じさせながらもぬぐい去っていくように切れて行くのが不思議な感覚です。なんだ?何で〆ているんだ?とやっているうちに一合のお酒が…

感想の続き・購入先は下記リンクの日本酒ブログへ

製造年月:2015/09上

黒龍(こくりゅう)「吟醸」ひやおろしに関するデータ

使用米 福井県産五百万石55%精米
使用酵母 蔵内保存酵母
日本酒度 +3
酸度 1.4
アルコール度 18度
容量・価格 720ml・1,300円(税別)
容量・価格 1.8L・2,800円(税別)

黒龍(こくりゅう)「吟醸」ひやおろしに関するリンク

2015/09/29 黒龍(こくりゅう)「吟醸」ひやおろし(日本酒ブログ)

黒龍(こくりゅう)「吟醸」吟十八号

黒龍(こくりゅう)「吟醸」吟十八号黒龍(こくりゅう)「吟醸」吟十八号ラベル

 ラベルは淡いブルーでセンターのみ縦に薄くなっており吟十八号の文字が映えます。後は右に小さく黒龍と書いてあるのみで、非常にシンプルです。

 オフィシャルサイトの説明では…

その年十八番目の醪が搾られる頃、酒蔵は最盛期を迎えます。軽やかで爽やかな香味の吟醸酒を生貯蔵し、「吟十八号」と名付けました。

 とあります。軽やかで爽やかな香味とは…

 上立ち香は、穏やかながら心地よく白桃を思わせるように香ります。何とも自然な香り。含むと…、Oh!. The Kokuryu.(なぜに英語?)。まさに、これぞ黒龍といった綺麗な口当たり。このアルコール度数にしている意義のようなものを感じます。もうすぐ後半も終わる…、気を抜いていると、それはするするところがって行き、気づいたら自陣のゴールネットを揺らしてゆっくりと止まる。白と黒のコントラストが美しいボール。あれ?やられちゃった。何故かそんな情景が思い浮かぶ。忘れていたものを思い出させてくれたかのよう…

感想の続き、購入先情報は下記リンクの日本酒ブログへ

製造年月:2015/04上

黒龍(こくりゅう)「吟醸」吟十八号に関するデータ

使用米 福井県産五百万石55%精米
使用酵母 蔵内保存酵母
日本酒度 +5
酸度 1.3
アルコール度 15度
容量・価格 720ml・1,250円(税別)
容量・価格 1.8L・2,700円(税別)

黒龍(こくりゅう)「吟醸」吟十八号に関するリンク

2015/07/11 黒龍(こくりゅう)「吟醸」吟十八号2015(日本酒ブログ)

2013/05/26 黒龍(こくりゅう)「吟醸」吟十八号(日本酒ブログ)

黒龍(こくりゅう)「本醸造」垂れ口

黒龍(こくりゅう)「本醸造」垂れ口黒龍(こくりゅう)「本醸造」垂れ口ラベル

 ラベルは地の色がライトグレーでセンターのみ縦に薄くなっており垂れ口の文字が映えます。後は右に小さく黒龍と書いてあるのみで、非常にシンプルです。

 オフィシャルサイトの説明は…

冷えきった酒蔵の槽口からこんこんと流れる本醸造のうすにごり新酒を生のまま瓶詰いたしました。甘口の新鮮な味わいが特長です。

 とあります。12月発売予定の季節限定、薄にごり生原酒。甘口の新鮮な味わいとは…

 うっすらと霞がかっているところが、なんとも垂れ口らしいです。上立ち香は、程よく心地よく梨のように香ります。おっ、想定よりも雰囲気の良い吟醸香です。

 含むと、ほとばしる濃い甘味が全面に押し出されてきます。綺麗な黒龍のラインナップとしては、珍しい部類に入る濃醇さで厚みもあります。後半は喉の奥で名残惜しそうな余韻。

 もう一度注意深く含む。何とも心地よい自分好みの甘味が…

感想の続き、購入先情報は下記リンクの日本酒ブログへ

製造年月:2015/12上

黒龍(こくりゅう)「本醸造」垂れ口に関するデータ

使用米 福井県産五百万石65%精米
使用酵母 蔵内保存酵母
日本酒度 +2
酸度 1.6
アルコール度 18度
容量・価格 720ml・1,150円(税別)
容量・価格 1.8L・2,400円(税別)

黒龍(こくりゅう)「本醸造」垂れ口に関するリンク

2016/01/26 黒龍(こくりゅう)「本醸造」垂れ口(日本酒ブログ)

黒龍(こくりゅう)「大吟醸」吟のとびら

黒龍(こくりゅう)「大吟醸」吟のとびら黒龍(こくりゅう)「大吟醸」吟のとびらラベル

 ラベルはブルーのシールタイプで、センターに黒龍と言う銘柄、その下にサブタイトルの吟のとびら。左にアルファベットでKOKURYU GINJOと書かれています。右にグルリと回り込んで、原材料や精米歩合、製造年月等のデータ。

 オフィシャルサイトの説明は…

まだ美味しい日本酒をご存じでない方へ、新たな世界のとびらを開いて欲しいと願いを込めたフルーティーでライトな口当たりの大吟醸酒です。

 とあります。小容量で気軽に高級酒を試めせます。さて、フルーティーでライトな口当たりとは…

 上立ち香は、ほのかながらマスカットのように香り、ややアルコール感混ざる。原酒の新酒であったら結構な華やかさだったのでは?と思わせてくれます。含むと、黒龍らしい優しい甘味をスッキリと楽しませてくれます。黒龍というキーワード、表示のアルコール度数から、もっと薄い先入観…

感想の続き、購入先情報は下記リンクの日本酒ブログへ

製造年月:2008/02

黒龍(こくりゅう)「大吟醸」吟のとびらに関するデータ

使用米 福井県産五百万石50%精米
使用酵母 蔵内保存酵母
日本酒度 +4
アルコール度 14.5度
容量 150ml
価格 400円(税別)

黒龍(こくりゅう)「大吟醸」吟のとびらに関するリンク

2009/03/14 黒龍(こくりゅう)「吟醸」吟のとびら(日本酒ブログ)

黒龍(こくりゅう)「大吟醸」つるかめ

黒龍(こくりゅう)「大吟醸」つるかめ

 オフィシャルサイトの説明は…

厳選した大吟醸酒をアンティークボトルに詰め、縁起良く「つるかめ」と命名しました。さまざまなお祝い品としてご好評をいただいております。

 とあります。金と銀のラベルもまたおめでたい雰囲気が出ています。

黒龍(こくりゅう)「大吟醸」つるかめに関するデータ

使用米 兵庫県産山田錦40%精米
使用酵母 蔵内保存酵母
アルコール度 15度
容量 720ml×2
価格 10,000円(税別)
以前あったラインナップ

黒龍(こくりゅう)「純米大吟醸」吟風

黒龍(こくりゅう)「純米大吟醸」吟風黒龍(こくりゅう)「純米大吟醸」吟風ラベル

 ラベルは地の色が黒でセンターに銘柄の「黒龍」、右に使用米の「吟風」、左に酒門の会のマークと非常にシンプルですが、高級感があります。

 吟風で仕込まれたお酒は、小林酒造さんの北の錦が秀逸でした。全国新酒鑑評会での酒米としての評判も良いことから、酒門の会さんのチャレンジ商品として醸され、一年の熟成を経て出荷されました。

 吟風(ぎんぷう)は、広島で開発された「八反錦2号」と「上育404号」の子に、飯米の「きらら397」を交配・育成された、北海道産の酒造好適米です。

 上立ち香は心地よく明確に、メロンを思わせるように香ります。落ち着いた雰囲気で、香りからして上品さがにじみ出ています。いい香りです。

 含むと、黒龍らしい酸を抑えた上品な甘味が、なめらかな曲線を描く。その曲線を支えるように何本もの細い弦がつながり、安心感のある旨味が見えてくる。熟成させることで、この弦が増えたかのような印象を受ける。

 もう一度注意深く含む。食事が進んだことが影響してか?、先ほどの曲線がさらに滑らかになる。美しいラインだなぁ、何故か手の届かないような高貴なものを感じます。これは、弦鳴楽器のハープだ!。何故か演奏者は綺麗な女性だけのイメージ。そして素晴らしい音色。後半は

感想の続き、購入先情報は下記リンクの日本酒ブログへ

製造年月:2016/03上

黒龍(こくりゅう)「純米大吟醸」吟風に関するデータ

使用米 北海道産吟風40%精米
使用酵母 蔵内保存酵母
日本酒度 +2.5
酸度 1.3
アルコール度 15.5度
容量 720ml
価格 3,000円(税別)

黒龍(こくりゅう)「純米大吟醸」吟風に関するリンク

2016/05/17 黒龍(こくりゅう)「純米大吟醸」吟風(日本酒ブログ)

以前あったラインナップ

黒龍(こくりゅう)「純米大吟醸」二左衛門1.8L

黒龍(こくりゅう)「純米大吟醸」二左衛門1.8L黒龍(こくりゅう)「純米大吟醸」二左衛門1.8Lラベル

 一升瓶として出荷されるのは、この2007が最後の年となりました。ラベルは和紙で中央に二左衛門、右に銘柄の黒龍、左に印のみのシンプルなものとなっています。ラベルに半分被せて、斗瓶囲と書かれた赤いシールが貼ってあります。

  上立ち香は上品でほのかに梨のように香ります。含むと優しい♪トゥルンとした可憐な甘味から入る。その後、限られた時の中で全てを表現するかのように、甘すぎず、辛すぎず、酸は少なく、苦渋はほとんど感じられない、と言ったバランスで、後半は綺麗に引けていきます。旨いっす。

 最初に感じた梨、梨の花言葉は…

感想の続き、購入先情報は下記リンクの日本酒ブログへ

製造年月:2007/11

黒龍(こくりゅう)「純米大吟醸」二左衛門1.8Lに関するデータ

使用米 兵庫県東条町産(特A地区)山田錦35%精米
使用酵母 蔵内保存酵母
日本酒度 +5
酸度 1.0
アミノ酸度 1.0
アルコール度 15度
容量 1.8L
価格 20,000円(税別)

黒龍(こくりゅう)「純米大吟醸」二左衛門1.8Lに関するリンク

2008/01/24 黒龍(こくりゅう)「純米大吟醸」二左衛門2007(日本酒ブログ)

黒龍(こくりゅう)「大吟醸」無濾過生原酒

黒龍(こくりゅう)「大吟醸」無濾過生原酒黒龍(こくりゅう)「大吟醸」無濾過生原酒ラベル

 いかにも曰くありげです。レトロな商標がそのままラベルになっています。センターに黒龍、上には登録商標、左に醸造元。アンティークな機械式の瓶に詰められた、酒門の会限定商品。出荷本数600本。

 上立ち香は華やかでメロンのように香ります。黒龍の中でも香る部類に入る。含むと、そこは黒龍。綺麗な口当たりでスッキリと飲ませてくれます。

製造年月:2003/03

黒龍(こくりゅう)「大吟醸」無濾過生原酒に関するデータ

使用米 兵庫県産特A地区山田錦50%精米
使用酵母 蔵内保存酵母
日本酒度 +4
酸度 1.3
アルコール度 17.5度
容量 720ml
価格 3,000円

黒龍(こくりゅう)「純米大吟醸」愛山

黒龍(こくりゅう)「純米大吟醸」愛山

 酒門の会限定の愛山です。

製造年月:2003/03

黒龍(こくりゅう)「純米大吟醸」愛山に関するデータ

使用米 兵庫県産愛山50%精米
使用酵母 蔵内保存酵母
日本酒度 +4
酸度 1.3
アルコール度 17.5度
容量 720ml
価格 3,000円

黒龍(こくりゅう)「純米吟醸」都忘れ、夕顔、星草、侘助

黒龍(こくりゅう)「純米吟醸」都忘れ
黒龍(こくりゅう)「純米吟醸」夕顔
黒龍(こくりゅう)「純米吟醸」星草
黒龍(こくりゅう)「純米吟醸」侘助

 日本には美しい四季があります。純米吟醸を華シリーズとし、都忘れ、夕顔、星草、侘助、と名付けました。春夏秋冬それぞれの季節を愛でてください。季節限定生貯蔵酒

 「星草」

 上立ち香は桃ともバナナとも感じとれる心地よい香り。含むと、華やかな含み香の後、短時間で甘味、辛味の順番で旨みを表現し、消えていきます。前半に大きな盛り上がりを見せる曲線を描いているよう。旨い!

 「侘助」

  上立ち香は華やかにバナナのように香ります。含むと、酸味を抑えた心地よい旨み、ほのかな甘味がしっかりとしたメリハリを感じさせてくれます。旨い!

黒龍(こくりゅう)「純米吟醸」都忘れ、夕顔、星草、侘助に関するデータ

使用米 福井県産五百万石55%精米
使用酵母 蔵内保存酵母
アルコール度 14.5度
容量 300ml
価格 541円(税込み・当時)

黒龍(こくりゅう)「純米吟醸」都忘れ、夕顔、星草、侘助に関するリンク

2005/08/03 黒龍(こくりゅう)「純米吟醸」侘助(わびすけ)生貯蔵酒(日本酒ブログ)

2005/10/04 黒龍(こくりゅう)「純米吟醸」星草(ほしくさ)生貯蔵酒(日本酒ブログ)

黒龍(こくりゅう)「吟醸」花しずく、風のことずて、月さやか、雪こひし

黒龍(こくりゅう)「吟醸」花しずく
黒龍(こくりゅう)「吟醸」風のことずて
黒龍(こくりゅう)「吟醸」月さやか
黒龍(こくりゅう)「吟醸」雪こひし

 日本には美しい四季があります。吟醸を四季シリーズとし、花しずく、風のことずて、月さやか、雪こひし、と名付けました。春夏秋冬それぞれの季節を愛でてください。季節限定生貯蔵酒

 「月さやか」

  上立ち香は明確にバナナの心地よい香り。含むと、リズム良く、バナナ!甘味!旨み!がタン!タン!タン!と迫って来たかと思うと、スッパリと切れて静寂につつまれます。リズムのイメージとしては、ちょうど優香ちゃんのCMでおなじみの中部電力のコミュファのよう?(応援団編)。このCM、家の娘が大好きなんです。(笑)

 話がそれましたが、この生貯蔵シリーズは、どれも本当に旨いっす♪

黒龍(こくりゅう)「吟醸」花しずく、風のことずて、月さやか、雪こひしに関するデータ

使用米 福井県産五百万石55%精米
使用酵母 蔵内保存酵母
アルコール度 14.5度
容量 300ml
価格 509円(税込み・当時)

黒龍(こくりゅう)「吟醸」花しずく、風のことずて、月さやか、雪こひしに関するリンク

2005/10/17 黒龍(こくりゅう)「吟醸」月さやか(日本酒ブログ)

黒龍(こくりゅう)「吟醸」特撰

黒龍(こくりゅう)「吟醸」特撰黒龍(こくりゅう)「吟醸」特撰ラベル

 ラベルは藍染を思わせるような地のセンターに金の箔で特定名称の「吟醸」。右に銘柄の黒龍、左に落款のみと非常にシンプルなものになっています。水玉を思わせるような丸印も好印象。

 実はこのラベルは剥がす時に失敗いたしました。紙が薄い上に、全面にストライプ状にのり付けしてあり、やぶいてしまいました。ここに掲載しているラベルはフォトショップで修正したものです。そのビフォーアフターについては、下記の日本酒ブログへ。

 上立ち香は心地よくフルーティに香ります。微妙に芳香族の香り。含むと香りがふわっと華やかに膨らみ、マスカット系の香りと気づく。黒龍らしい綺麗な造りでスッキリとしている中にも、ほのかな甘味を感じられる。味の出は短く、後半は辛口の印象を残しながら切れていきます。旨い♪

製造年月:2005/06

黒龍(こくりゅう)「吟醸」特撰に関するデータ

使用米 福井県産五百万石50%精米
使用酵母 蔵内保存酵母
日本酒度 +4
酸度 1.3
アミノ酸度 1.1
アルコール度 15度
容量 720ml
価格 1,682円(税込み)

黒龍(こくりゅう)「吟醸」特撰に関するリンク

2005/07/26 黒龍(こくりゅう)「吟醸」特撰(日本酒ブログ)

黒龍「石田屋」ぼんぼん・黒龍「しずく」ぼんぼん

黒龍「石田屋」ぼんぼん・黒龍「しずく」ぼんぼん

 黒龍酒造さんのお酒が入った、チョコレートボンボンです。

酔 特吟入り生チョコレート

黒龍「チョコ」酔

黒龍酒造のお酒を、練りこんで作られた生チョコレート。

たけ蔵さんにいただきました。

猪口などその他グッズ

黒龍猪口チョコ

黒龍酒造さんのお猪口

たけ蔵さんにいただきました。

黒龍酒造さんのTシャツ

黒龍酒造さんのTシャツ

黒龍を楽しむ会のじゃんけん大会でGET


黒龍(こくりゅう)黒龍酒造株式会社に関するリンク

黒龍酒造株式会社さんオフィシャルサイト

黒龍酒造さん蔵見学

黒龍を楽しむ会

黒龍の吟風(北海道産米)に関する記事

このサイトは日本酒好きによる個人サイトです。酒類の販売はしておりません。

コメントいただける場合は、下部のコメントエリアに書き込み、送信してください。Google+、Facebookでログインされている方は、それぞれマークをクリックすることでもコメントしていただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...