長生舞(ちょうせいまい)株式会社久世酒造店

醸造元
株式会社久世酒造店
醸造元所在地
石川県河北郡津幡町清水イ122
杜氏
北川真治(能登杜氏)
仕込水
自社地下水(硬水・7.62度)
概要
長生舞(ちょうせいまい)の沿革やポリシー
 1786年(天明六年)創業。自社田にて独自の酒米(長生米)を作り、その米で酒造りをしている。 仕込み水は、自社地下水(硬水)と 霊水「清水」の湧水(軟水)を使い分けて仕込む。

長生舞(ちょうせいまい)「大吟醸」山田錦カップ

長生舞(ちょうせいまい)「大吟醸」山田錦カップ

 ラベルは黒地のセンターに大きなポイントで「生(なま)」、その下に「貯蔵酒」と書かれています。右に銘柄の「長生舞」、左上に特定名称を略して「大吟」、左下に使用米の「山田錦」。右外に口上と製造年月、左外に原材料などのデータと醸造元情報。

 カップ酒と言うことで、いつもの一合蛇の目に移すことなくいただきます。上立ち香は、穏やかながら、イグサを感じさせるように香ります。この時点ですでに複雑なイメージを醸し出しています。

 含むと、穏やかな甘味。石川の田園風景を思わせるような、高さの揃った稲穂よろしくなだらかです。香りから繋がるような複雑さはなく、比較的わかりやすく旨味を表現してきます。ここで胸の辺りが熱くなる…、久しぶりの感覚。

 もう一度注意深く含む。カツっとくる旨味が、平に引き伸ばされ扇状に広がっていきます。後半は徐々に引き上げていく感じ。旨いっす。生貯蔵酒ということで一回火入れですが、生でも飲んでみたかったなぁ。

感想のつづき、購入先(販売店)情報は下記リンクの日本酒ブログへ

長生舞(ちょうせいまい)「大吟醸」山田錦カップ データ

使用米 山田錦40%精米
アルコール度 15度
容量 180ml
価格 300円(税込み)

長生舞(ちょうせいまい)「大吟醸」山田錦カップに関するリンク

2016/06/21 長生舞(ちょうせいまい)「大吟醸」山田錦カップ(日本酒ブログ)


長生舞(ちょうせいまい)株式会社久世酒造店に関するリンク

株式会社久世酒造店さんオフィシャルサイト


このサイトは日本酒好きによる個人サイトです。酒類の販売(通販)はしておりません。

コメントいただける場合は、下部のコメントエリアに書き込み、送信してください。Google+、Facebookでログインされている方は、それぞれマークをクリックすることでもコメントしていただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...