日本の酒を楽しみつくす試飲会型イベント「STYLE J.SAKE」開催! 日時:2018年9月1日(土)12:00〜15:00 場所:ホテルメトロポリタン エドモント 主催:日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会
スポンサーリンク

花陽浴(はなあび)南陽醸造株式会社

醸造元
南陽醸造株式会社
所在地
埼玉県羽生市大字上新郷5951
杜氏
渡辺 亮策
仕込水
荒川水系利根川水系伏流水
概要
花陽浴(はなあび)の沿革やポリシー

 1860年(万延元年)の創業。平成15年醸造年度より五代目蔵元の須永崇春さん、姉夫婦の渡辺亮策さん、渡辺泰代さんの三人で立ち上げたブランド。銘柄の由来は、太陽の陽ざしをたくさん浴びて大輪の花を咲かそう!飲む人も造る人も、みんなの花が咲きますように!との願いを込めて名付けられました。

※コストパフォーマンス部門 由紀の酒 Best of the year 2012 金賞受賞

花陽浴(はなあび)「純米大吟醸」山田錦40袋吊瓶囲無濾過生原酒

花陽浴(はなあび)「純米大吟醸」山田錦40袋吊瓶囲無濾過生原酒花陽浴(はなあび)「純米大吟醸」山田錦40袋吊瓶囲無濾過生原酒ラベル

 ラベルは白地のセンターに金の箔で銘柄の「花陽浴」、すぐひだりに平仮名で「はなあび」とルビが振ってありわかりやすい。右に特定名称の「純米大吟醸」、左に社印とシンプルなものとなっています。首部分の封印で「袋吊瓶囲無濾過原酒生」。

 上立ち香は心地よく華やかで、マスカットと言うよりはやや優しく、洋梨の雰囲気。

 含むと優しい甘味が心地よく、ふわっとした舌触りで抜けて行きます。原酒というメリハリアタックのイメージとは違い、ひたすら優しい口当たり。旨いっす。

感想のつづき、購入先(販売店)情報は下記リンクの日本酒ブログへ

製造年月日:平成25年2月

花陽浴(はなあび)「純米大吟醸」山田錦40袋吊瓶囲無濾過生原酒 データ

使用米山田錦40%精米
アルコール度16度
容量720ml
価格3,096円(税別・購入当時)

花陽浴(はなあび)「純米大吟醸」山田錦40袋吊瓶囲無濾過生原酒に関するリンク

2013/02/12 花陽浴(はなあび)「純米大吟醸」山田錦40袋吊瓶囲無濾過生原酒(日本酒ブログ)

花陽浴(はなあび)「純米大吟醸」八反錦48袋吊瓶囲無濾過生原酒

花陽浴(はなあび)「純米大吟醸」八反錦48袋吊瓶囲無濾過生原酒

 ラベルは光沢あるグランドに背景としての「雫」、センターに黒で銘柄の「花陽浴」、すぐ右に平仮名で「はなあび」とルビが振ってありわかりやすい。右に特定名称の「純米大吟醸」、左に使用米の「八反錦」、左外に醸造元情報とデータ。首部分のシールに「瓶囲無濾過生原酒」。

 上立ち香は心地よく華やかに、パインのように香ります。華やかと言っても何故か?純米吟醸と比べると幾分大人しく、品よく香ります。時間を置くとベリー系の香りも出てきました。

 含むと、開栓したてにあったガス感もやや落ち着き、甘味が感じやすくなりました。しかし純米吟醸と比べると、ぎゅっと詰まった印象でスッキリとしています。後半のさばけ方も素晴らしく、足ばやに引き上げていきます。

 飲み進んでいった時にこのお酒は真価を発揮しました。純米吟醸とこれが並べてあるのですが、甘味をより強く感じるお酒が好きな自分でも、自然とこちらに手が伸びます。これがすっきりキレるお酒の魔力か?。アテは鯛と鮃のお刺身や、納豆、揚げ出し豆腐、サーモンカルパッチョなど、連日いろいろ試しましたが。揚げ出し豆腐やカルパッチョなどの相性が抜群でした。旨いっす。

感想のつづき、購入先(販売店)情報は下記リンクの日本酒ブログへ

製造年月日:平成29年12月

花陽浴(はなあび)「純米大吟醸」八反錦48袋吊瓶囲無濾過生原酒 データ

使用米八反錦48%精米
アルコール度16度
容量1.8L
価格3,519円(税別)

花陽浴(はなあび)「純米大吟醸」八反錦48袋吊瓶囲無濾過生原酒に関するリンク

2018/01/31 花陽浴(はなあび)「純米大吟醸」八反錦48袋吊瓶囲無濾過生原酒(日本酒ブログ)

花陽浴(はなあび)「純米吟醸」山田錦55袋吊瓶囲無濾過生原酒

花陽浴(はなあび)「純米吟醸」山田錦55袋吊瓶囲無濾過生原酒花陽浴(はなあび)「純米吟醸」山田錦55袋吊瓶囲無濾過生原酒ラベル

 ラベルは赤を基調とした和紙で背景としての「雫」、センターに白で銘柄の「花陽浴」、すぐ右に平仮名で「はなあび」とルビが振ってありわかりやすい。右に特定名称の「純米吟醸」、左に使用米の「山田錦」、左外に醸造元情報とデータ。首部分のシールに「袋吊瓶囲無濾過原酒生」。

 上立ち香は心地よく華やかで、マスカットの様に香ります。

 含むと・・・「おいしィ~これ!」おおおお。結構派手な味の出方。岡本太郎よろしく芸術という名の甘みが爆発してます。トリックアートで額縁から絵がはみ出しているかのよう。

 酸味も程よくあるのですが、よくある枠と言うか、輪郭のようなものは形成しておらず、弾けてます!ほとばしってます。でも、何処か安心感。腰の強さから来るものなのか?、後半感じるうっすらとした苦みがまとめているからなのか?。いや~旨いっす。

※コストパフォーマンス部門 由紀の酒 Best of the year 2012 金賞受賞

感想のつづき、購入先(販売店)情報は下記リンクの日本酒ブログへ

製造年月日:平成23年12月

花陽浴(はなあび)「純米吟醸」山田錦55袋吊瓶囲無濾過生原酒 データ

使用米山田錦55%精米
日本酒度+3
酸度1.4
アルコール度16度
容量720ml
価格1,700円(税込み・購入当時)

花陽浴(はなあび)「純米吟醸」山田錦55袋吊瓶囲無濾過生原酒に関するリンク

2012/02/22 花陽浴(はなあび)「純米吟醸」山田錦55袋吊瓶囲無濾過生原酒(日本酒ブログ)

花陽浴(はなあび)「純米吟醸」山田錦55袋吊直汲み生

花陽浴(はなあび)「純米吟醸」山田錦55袋吊直汲み生花陽浴(はなあび)「純米吟醸」山田錦55袋吊直汲み生ラベル

 ラベルは赤を基調とした和紙で背景としての「雫」、センターに白で銘柄の「花陽浴」、すぐ右に平仮名で「はなあび」とルビが振ってありわかりやすい。右に特定名称の「純米吟醸」、左に使用米の「山田錦」、左外に醸造元情報とデータ。首部分のシールに「直汲み」。

 上立ち香は心地よく華やかで、南国フルーツ様に香ります。パインかな?。

 含むと、ジューシー♪。月並みですが、まさにジューシーと言う言葉がぴったり来ます。瑞々しいグレープフルーツのようでもあるが、シロップ漬けで酸味や苦味は抑え込まれてます。甘い♪。とろけそうです。ほっぺたがジンジンいってます。冷えた状態の引き際も見事です。旨いっす。

感想のつづき、購入先(販売店)情報は下記リンクの日本酒ブログへ

製造年月日:平成25年06月

花陽浴(はなあび)「純米吟醸」山田錦55袋吊直汲み生 データ

使用米山田錦55%精米
日本酒度+3
酸度1.4
アルコール度16度
容量720ml
価格1,620円(税別・購入当時)

花陽浴(はなあび)「純米吟醸」山田錦55袋吊直汲み生に関するリンク

2014/08/05 花陽浴(はなあび)「純米吟醸」山田錦55袋吊直汲み生(日本酒ブログ)

花陽浴(はなあび)「純米吟醸」八反錦55無濾過生原酒

花陽浴(はなあび)「純米吟醸」八反錦55無濾過生原酒

 ラベルは光沢あるグランドに背景としての花びらが舞っているようなデザイン、センターにブルーで銘柄の「花陽浴」、すぐ右に平仮名で「はなあび」とルビが振ってありわかりやすい。右外に使用米の「八反錦」、右下に原材料などのデータ。左外に特定名称と特徴の「純米吟醸、無濾過生原酒」と、醸造元情報。

 上立ち香は心地よく華やかで、パインを思わせるように香ります。うわぁ~、これこれ、この香り!。大好きな花陽浴がほとばしっています。

 含むと、じゅわっと広がる甘味と酸味は、南国フルーツジュースのよう。清酒であることの不自然さがないところも、安心感があります。開栓した頃はもう少しガス感もありましたが、今はやや落ち着き甘味が強めとなっています。後半は僅かな苦味と共に体内に心地よい温もりを残し、切れ上がっていきます。

 もう一度注意深く含む。こ、これは!、小田和正さんの「キラキラ」だ。決して裏切らない、華やかな甘味がキラキラ。飲んでいる時は輝き、出会えて良かったと思わせてくれます。旨いっす。

感想のつづき、購入先(販売店)情報は下記リンクの日本酒ブログへ

製造年月日:平成29年12月

花陽浴(はなあび)「純米吟醸」八反錦55無濾過生原酒 データ

使用米八反錦55%精米
アルコール度16度
容量1.8L
価格2,778円(税別)

花陽浴(はなあび)「純米吟醸」八反錦55無濾過生原酒に関するリンク

2018/01/29 花陽浴(はなあび)「純米吟醸」八反錦55無濾過生原酒(日本酒ブログ)

花陽浴(はなあび)南陽醸造株式会社に関するリンク

南陽醸造株式会社さんオフィシャルサイト

由紀の酒 Best of the year 2012

関連記事

このサイトは日本酒好きによる個人サイトです。酒類の販売(通販)はしておりません。

コメント