結ゆい(むすびゆい)結城酒造株式会社

醸造元
結城酒造株式会社
醸造元所在地
茨城県結城市結城1589
杜氏
浦里美智子(兼蔵元)
仕込水
鬼怒川系伏流水(軟水)
概要
結ゆい(むすびゆい)の沿革やポリシー
 1594年(文禄3年)創業。主要銘柄は富久福(ふくふく)、結ゆい(むすびゆい)。「結ゆい」のラベルは結城紬の「糸」の輪の中に、おめでたい「吉」が入るという文字デザインで、美味しいお酒で、人と人、人と酒、人と町(結城)を結ぶ「町おこし」をしたいという願いが込められているそうです。デザインは結城市の書家、 三木翠耿氏によるもの。
 蔵に嫁いだ浦里美智子さんが酒造りに魅せられ、茨城県工業技術センターで酒造研修をした後、醸造責任者となっています。

結ゆい(むすびゆい)「純米吟醸」山田錦亀口直汲み無濾過生原酒

結ゆい(むすびゆい)「純米吟醸」山田錦亀口直汲み無濾過生原酒

 ラベルは紫のセンターに、結城紬の「糸」の輪の中に、おめでたい「吉」が入るという文字デザイン。下に銘柄の「結ゆい」で結の上に平仮名で「むすび」とルビがふってあります。右に特定名称の「純米吟醸」、右下に原材料などのデータと製造年月。左に醸造元情報。肩貼りで使用米の「やまだにしき」と上槽後の特徴である「亀口直汲み」。

 上立ち香は、華やかでとても心地よく、青りんごのように香ります。いいですね~、この感じの出かた♪。爽やかです。

 含むと、甘い!。開栓直後ということもあり、生原酒らしいガス感もありますが、確実に好みの甘味が前面に出てきます。結構甘いにもかかわらず中盤は引き締まっており、甘さを引きずりません。綺麗とさえ感じる部分も好印象♪。

 もう一度注意深く含む…。

製造年月:28/9

感想のつづき、購入先(販売店)情報は下記リンクの日本酒ブログへ

結ゆい(むすびゆい)「純米吟醸」山田錦亀口直汲み無濾過生原酒 データ

使用米 兵庫県産山田錦50%精米
日本酒度 -2
酸度 1.5
アルコール度 16度以上17度未満
容量・価格 1.8L・3,600円(税別)

結ゆい(むすびゆい)「純米吟醸」山田錦亀口直汲み無濾過生原酒に関するリンク

2016/10/吉日 結ゆい(むすびゆい)「純米吟醸」山田錦亀口直汲み無濾過生原酒(日本酒ブログ)


結ゆい(むすびゆい)結城酒造株式会社に関するリンク

結城酒造株式会社さんオフィシャルサイト


このサイトは日本酒好きによる個人サイトです。酒類の販売(通販)はしておりません。

コメントいただける場合は、下部のコメントエリアに書き込み、送信してください。Google+、Facebookでログインされている方は、それぞれマークをクリックすることでもコメントしていただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...