結ゆい(むすびゆい)結城酒造株式会社

シェアする

醸造元
結城酒造株式会社
醸造元所在地
茨城県結城市結城1589
杜氏
浦里美智子(兼蔵元)
仕込水
鬼怒川系伏流水(軟水)
概要
結ゆい(むすびゆい)の沿革やポリシー
結城酒造株式会社
 1594年(文禄3年)創業。主要銘柄は富久福(ふくふく)、結ゆい(むすびゆい)。「結ゆい」のラベルは結城紬の「糸」の輪の中に、おめでたい「吉」が入るという文字デザインで、美味しいお酒で、人と人、人と酒、人と町(結城)を結ぶ「町おこし」をしたいという願いが込められているそうです。デザインは結城市の書家、 三木翠耿氏によるもの。
 蔵に嫁いだ浦里美智子さんが酒造りに魅せられ、茨城県工業技術センターで酒造研修をした後、醸造責任者となっています。
 麹菌「吟麗」と清酒酵母「M310」で織り成す、絶妙な香りと甘味のお酒。美智子さんにお聞きしたところ、「M310は優秀な酵母ですが、ちゃんと面倒を見てあげないと、すぐにそっぽを向こうとするんですよ。」とのこと。愛情が注がれています。
結城酒造さん蔵見学

結ゆい(むすびゆい)「純米吟醸」山田錦雫酒

結ゆい(むすびゆい)「純米吟醸」山田錦雫酒

 ラベルは紫のセンターに、結城紬の「糸」の輪の中に、おめでたい「吉」が入るという文字デザイン。下に銘柄の「結ゆい」で結の上に平仮名で「むすび」とルビがふってあります。右に特定名称の「純米吟醸」、右下に原材料などのデータと製造年月。左に醸造元情報。肩貼りで使用米の「やまだにしき」と上槽の特徴である「雫酒」、酒の文字が、人の顔になっており、頬を赤らめているところが可愛らしいです。。

 上立ち香は、程よく華やかに、りんごを思わせるように香ります。好きなんですよね~、この香り!。南部美人を思いだすような、爽やかな吟醸香です。

 含むと、亀口直汲みの派手なパフォーマンスではなく、随分落ち着いた美しさを感じさせるファーストコンタクト。程よい程度に引き締まった甘味が上品です。いい酒だなぁ♪、さすがです。

 もう一度注意深く含む。亀口直汲みの、天使を思わせるような女の子は実は5~6年前の映像で、雫酒となった今は美しく成長し、その辺にいたら驚くような綺麗な娘さん。どことなく面影はあるが、いきなり成長した姿は何故かはわからないが、失われてしまったものもあるような…。何だろう?、この喪失感。

 少し前にやっていたドラマ「ラストコップ」では、主人公の京極浩介が事故で30年眠っている間に、幼かった娘(結衣)が美しく成長している様が描かれていたが、成長の過程を見守れなかった悔しさはいかばかりか。ちょうどそんな喪失感。

 結ゆいを自宅で飲むのはこれがまだ3本目と言う自分では、「どれだけ私のことをわかっているのよ。」と言われそうだが…(笑)。いずれにしても間違いなく、旨いっす。

製造年月:29/2

感想のつづき、購入先(販売店)情報は下記リンクの日本酒ブログへ

結ゆい(むすびゆい)「純米吟醸」山田錦雫酒 データ

使用米 兵庫県産山田錦50%精米
使用酵母 M310
日本酒度 -2
酸度 1.5
アルコール度 16度以上17度未満
容量・価格 1.8L・3,900円(税別)

結ゆい(むすびゆい)「純米吟醸」山田錦雫酒に関するリンク

2017/02/22 結ゆい(むすびゆい)「純米吟醸」山田錦雫酒(日本酒ブログ)

結ゆい(むすびゆい)「純米吟醸」山田錦亀口直汲み無濾過生原酒

結ゆい(むすびゆい)「純米吟醸」山田錦亀口直汲み無濾過生原酒結ゆい(むすびゆい)「純米吟醸」山田錦亀口直汲み無濾過生原酒ラベル

 ラベルは紫のセンターに、結城紬の「糸」の輪の中に、おめでたい「吉」が入るという文字デザイン。下に銘柄の「結ゆい」で結の上に平仮名で「むすび」とルビがふってあります。右に特定名称の「純米吟醸」、右下に原材料などのデータと製造年月。左に醸造元情報。肩貼りで使用米の「やまだにしき」と上槽後の特徴である「亀口直汲み」。

 上立ち香は、華やかでとても心地よく、青りんごのように香ります。いいですね~、この感じの出かた♪。爽やかです。

 含むと、甘い!。開栓直後ということもあり、生原酒らしいガス感もありますが、確実に好みの甘味が前面に出てきます。結構甘いにもかかわらず中盤は引き締まっており、甘さを引きずりません。綺麗とさえ感じる部分も好印象♪。

 もう一度注意深く含む…。

製造年月:28/9

感想のつづき、購入先(販売店)情報は下記リンクの日本酒ブログへ

※由紀の酒 Best of the year 2016 金賞 コストパフォーマンス部門

結ゆい(むすびゆい)「純米吟醸」山田錦亀口直汲み無濾過生原酒 データ

使用米 兵庫県産山田錦50%精米
使用酵母 M310
日本酒度 -2
酸度 1.5
アルコール度 16度以上17度未満
容量・価格 1.8L・3,600円(税別)

結ゆい(むすびゆい)「純米吟醸」山田錦亀口直汲み無濾過生原酒に関するリンク

2016/10/18 結ゆい(むすびゆい)「純米吟醸」山田錦亀口直汲み無濾過生原酒(日本酒ブログ)

結ゆい(むすびゆい)「純米大吟醸」赤磐産雄町池田酒店別誂

結ゆい(むすびゆい)「純米大吟醸」赤磐産雄町池田酒店別誂

 ラベルは白のセンターに銀の箔で、結城紬の「糸」の輪の中に、おめでたい「吉」が入るという文字デザイン。下に銘柄の「結ゆい」で結の上に平仮名で「むすび」とルビがふってあります。左に醸造元情報。肩貼りで「池田酒店別誂」と使用米の「赤磐雄町米」。

 通常の結ゆいとは全くの別仕込みで、池田酒店完全オリジナル商品。初挑戦の種麹「白夜」を使用し製麹にこだわりました。麹屋さんの「とにかくスゴイので半分効果の出る、ハーフ白夜?にしたら?」と言う提案もあったそうですが、その凄みを込めるべくハーフにはしなかったそうです。

 上立ち香は、程よく華やかに、パインを思わせるように香ります。これこれ!この大好きな系統の香り。爽やかな風を運んでくれます。

 含むと、…、…。何という綺麗な甘味!。雄町の50%精米と言う先入観から、もう少しメリハリが強いものを想定していましたが、綺麗です。結らしい強めの甘味はもちろん存在してますが、その後の収束のしかたが秀逸で、口中から消えるのがはやい。大吟醸の名に相応しいものとなっています。

 もう一度注意深く含む。鼻に抜ける爽やかな南国フルーツ感パインジュースを思わせるような綺麗な甘味、全体を引き締める非常に僅かな酸味、アルコールであることを忘れさせるかのような滑り良い喉ごし、綺麗な引き際。一連の流れはまるで、海開き当日の朝、待ち遠しく眺める穏やかな白波。旨いっす。

上槽年月:29/3
蔵出年月:29/7

感想のつづき、購入先(販売店)情報は下記リンクの日本酒ブログへ

結ゆい(むすびゆい)「純米大吟醸」赤磐産雄町池田酒店別誂 データ

使用米 赤磐産雄町50%精米
使用酵母 M310
アルコール度 16度以上17度未満
容量・価格 1.8L・3,600円(税別)

結ゆい(むすびゆい)「純米大吟醸」赤磐産雄町池田酒店別誂に関するリンク

2017/07/吉日 結ゆい(むすびゆい)「純米大吟醸」赤磐産雄町池田酒店別誂(日本酒ブログ)

結ゆい(むすびゆい)「純米吟醸」備前雄町亀口直汲み無濾過生原酒

結ゆい(むすびゆい)「純米吟醸」備前雄町亀口直汲み無濾過生原酒

 ラベルはピンクのセンターに、結城紬の「糸」の輪の中に、おめでたい「吉」が入るという文字デザイン。下に銘柄の「結ゆい」で結の上に平仮名で「むすび」とルビがふってあります。右に特定名称の「純米吟醸」、右下に原材料などのデータと製造年月。左に醸造元情報。肩貼りで使用米の「びぜんおまち」と上槽後の特徴である「亀口直汲み」。

 上立ち香は、程よく華やかに、りんごを思わせるように香ります。Best of the year 2016になった結ゆい(むすびゆい)「純米吟醸」山田錦亀口直汲み無濾過生原酒が蘇るようです。爽やかな風♪、イイ!。

 含むと、来た来た、ジュワっと来ました。両手いっぱいにつかんだピンクの花びらを、開いて「ふぅ~」っと息を吹いたように、一気に目の前は花びらで覆われます。何とも楽しい甘味の膨らみ。僅かなガス感は後から来て、甘味をさらえて行きます。

 もう一度注意深く含む…

製造年月:29/01

感想のつづき、購入先(販売店)情報は下記リンクの日本酒ブログへ

結ゆい(むすびゆい)「純米吟醸」備前雄町亀口直汲み無濾過生原酒 データ

使用米 備前雄町50%精米
使用酵母 M310
日本酒度 -1
酸度 1.5
アルコール度 16度以上17度未満
容量・価格 1.8L・3,200円(税別)

結ゆい(むすびゆい)「純米吟醸」備前雄町亀口直汲み無濾過生原酒に関するリンク

2017/02/19 結ゆい(むすびゆい)「純米吟醸」備前雄町亀口直汲み無濾過生原酒(日本酒ブログ)

結ゆい(むすびゆい)「純米吟醸」まっしぐら亀口直汲み無濾過生原酒

結ゆい(むすびゆい)「純米吟醸」まっしぐら亀口直汲み無濾過生原酒

 ラベルはブルーのセンターに、結城紬の「糸」の輪の中に、おめでたい「吉」が入るという文字デザイン。下に銘柄の「結ゆい」で結の上に平仮名で「むすび」とルビがふってあります。右に特定名称の「純米吟醸」、右下に原材料などのデータと製造年月。左に醸造元情報。肩貼りで使用米の「まっしぐら」と上槽後の特徴である「亀口直汲み」。

 上立ち香は…感想は後日。

製造年月:29/06

感想のつづき、購入先(販売店)情報は下記リンクの日本酒ブログへ

結ゆい(むすびゆい)「純米吟醸」まっしぐら亀口直汲み無濾過生原酒 データ

使用米 青森県産まっしぐら45%精米
使用酵母 M310
日本酒度 -1
酸度 1.6
アルコール度 16度以上17度未満
容量・価格 1.8L・3,000円(税別)

結ゆい(むすびゆい)「純米吟醸」まっしぐら亀口直汲み無濾過生原酒に関するリンク

2017/07/吉日 結ゆい(むすびゆい)「純米吟醸」まっしぐら亀口直汲み無濾過生原酒(日本酒ブログ)

結ゆい(むすびゆい)「特別純米」赤磐雄町亀口直汲み無濾過生原酒

結ゆい(むすびゆい)「特別純米」赤磐雄町亀口直汲み無濾過生原酒

 ラベルは赤のセンターに、結城紬の「糸」の輪の中に、おめでたい「吉」が入るという文字デザイン。下に銘柄の「結ゆい」で結の上に平仮名で「むすび」とルビがふってあります。右に特定名称の「特別純米」、右下に原材料などのデータと製造年月。左に醸造元情報。肩貼りで使用米の「あかいわさんおまち」と上槽後の特徴である「亀口直汲み」。

 いつもの一合蛇の目猪口に、八分目ほど注ぎます。すっきりと透き通った、さえ感じさせるかのような色あい。

 上立ち香は、心地良く華やかに、りんごを思わせるように香ります。特定名称は「特別純米」ですが、大好きな吟醸の香りがします。いいっすね~。

 含むと、亀口直汲みらしいフレッシュなじゅわ甘♪。これです!、期待通りのメリハリのある甘味。今回はガス感はありませんが、生酒らしい爽やかな甘味。酸味とのバランスも良く、比較的速やかに引き上げていきます。

 もう一度注意深く含む。このフレッシュながら、貫禄すら感じさせるような雰囲気…、こ、これは女優の「美山加恋」ちゃんだ!。外科医、鳩村周五郎では子役からずっと見てきたつもりでしたが、再放送を見ていたこともあり、いつしか星野真里さんと混同しておりました。「星野真里ちゃん、いつまでも変わらない若さだなぁ?」、「結構、前の作品なのかな?、はぁ?、2013年?」。べ、別人だったのね。。いや、話がそれましたがいずれも?旨いっす。

製造年月:29/04

感想のつづき、購入先(販売店)情報は下記リンクの日本酒ブログへ

結ゆい(むすびゆい)「特別純米」赤磐雄町亀口直汲み無濾過生原酒 データ

使用米 赤磐雄町60%精米
使用酵母 M310
日本酒度 +1
酸度 1.4
アルコール度 16度以上17度未満
容量・価格 1.8L・2,800円(税別)

結ゆい(むすびゆい)「特別純米」赤磐雄町亀口直汲み無濾過生原酒に関するリンク

2017/06/03 結ゆい(むすびゆい)「特別純米」赤磐雄町亀口直汲み無濾過生原酒(日本酒ブログ)

結ゆい(むすびゆい)結城酒造株式会社に関するリンク

結城酒造株式会社さんオフィシャルサイト

由紀の酒 Best of the year 2016

このサイトは日本酒好きによる個人サイトです。酒類の販売(通販)はしておりません。

シェアする

フォローする