秀鳳(しゅうほう)有限会社秀鳳酒造場

シェアする

醸造元
有限会社秀鳳酒造場
所在地
山形県山形市山家町1-6-6
杜氏
相田勝之
仕込水
蔵王山系馬見ケ崎川貯水蔵王ダム水道水(軟水)
概要
秀鳳(しゅうほう)の沿革やポリシー

 1890年(明治23年)の創業。代表銘柄は庄五郎、秀鳳。秀鳳(しゅうほう)の銘柄の由来は、中国の瑞鳥「鳳凰」に由来し、豊かな自然と蔵の技を駆使して、個性ある酒造りを目指し命名。

 仕込み水は蔵王山系馬見ケ崎川貯水蔵王ダム水道水を使用。ちなみに山形県の水道水の硬度は27.801mlと言う軟水で、愛知県の硬度26.476mlに次ぐ、全国的に見ても柔らかい水である。特に蔵王ダムは標高600mと全国でも有数の高さにあり、冷たく汚染されにくい。それゆえ馬見ケ崎川貯水蔵王ダムの水はおいしいといわれる。

 造りでは、様々な酒米に果敢にチャレンジしており、山田錦、雄町、愛山、美山錦、亀の尾、山田穂、出羽燦々、出羽の里、つや姫、玉苗、出羽きらり、恋おまち、八反錦と十三種類もの仕込みを行っている。

秀鳳(しゅうほう)「純米大吟醸」山田穂磨き二割二分生原酒

秀鳳(しゅうほう)「純米大吟醸」山田穂磨き二割二分生原酒

 ラベルはオレンジのセンターに銘柄が「秀鳳」と髭文字で書かれています。すぐ左にルビが「しゅうほう」と平仮名で書かれていてわかりやすい。右に特定名称の「純米大吟醸」。右下に原材料などのデータや製造年月。左に「原酒」と醸造元情報。肩貼りで使用米の「山田穂」、精米歩合の「磨き二割二分」、そして「生」と書かれています。

 上立ち香は、…感想は後日

感想のつづき、購入先(販売店)情報は下記リンクの日本酒ブログへ

製造年月:H29年04月

秀鳳(しゅうほう)「純米大吟醸」山田穂磨き二割二分生原酒 データ

使用米 山田穂22%精米
使用酵母 山形酵母
日本酒度 -3
酸度 1.2
アルコール度 17度
容量 1.8L
価格 5,500円

秀鳳(しゅうほう)「純米大吟醸」山田穂磨き二割二分生原酒に関するリンク

2017/11/吉日 秀鳳(しゅうほう)「純米大吟醸」山田穂磨き二割二分生原酒(日本酒ブログ)

秀鳳(しゅうほう)「純米大吟醸」出羽燦々磨き三割三分生原酒

秀鳳(しゅうほう)「純米大吟醸」出羽燦々磨き三割三分生原酒

 ラベルは白のセンターに銘柄がブルーの箔で「秀鳳」と髭文字で書かれています。すぐ左にルビが「しゅうほう」と平仮名で書かれていてわかりやすい。右に特定名称の「純米大吟醸」とその下に「原酒」、その他、原材料などのデータ。左に醸造元情報。肩貼りで使用米の「出羽燦々」、精米歩合の「磨き三割三分」、そして「生」と書かれています。

 上立ち香は、程よく華やかに、マスカットを思わせるように香ります。何故か?、この時点で濃さのようなものを感じます。

 含むと、甘味濃く口中を一気に支配する。なかなかパワフル。香りからの繋がりもストーリー性があります。開栓当初は若干イガイガしていましたが、デキャンタもしくは空気にふれてからの熟成で馴染んだようです。

 もう一度注意深く含む…

感想のつづき、購入先(販売店)情報は下記リンクの日本酒ブログへ

製造年月:H29年01月

秀鳳(しゅうほう)「純米大吟醸」出羽燦々磨き三割三分生原酒 データ

使用米 出羽燦々33%精米
使用酵母 山形酵母
日本酒度 -2
酸度 1.3
アルコール度 17度
容量 1.8L
価格 3,333円

秀鳳(しゅうほう)「純米大吟醸」出羽燦々磨き三割三分生原酒に関するリンク

2017/03/05 秀鳳(しゅうほう)「純米大吟醸」出羽燦々磨き三割三分生原酒(日本酒ブログ)

秀鳳(しゅうほう)有限会社秀鳳酒造場に関するリンク

有限会社秀鳳酒造場さんオフィシャルサイト

このサイトは日本酒好きによる個人サイトです。酒類の販売(通販)はしておりません。

シェアする

フォローする

関連記事