新政(あらまさ)新政酒造株式会社

醸造元
新政酒造株式会社
所在地
秋田県秋田市大町6町目2番地35号
杜氏
佐藤祐輔(兼蔵元)、古関弘、鈴木隆
仕込水
現在、秋田市新屋地区伏流水(中硬水)、~25BY、雄物川伏流水(軟水)
概要
新政の沿革やポリシー
 1852年(嘉永五年)初代佐藤卯兵衛氏が創業。新政(あらまさ)の由来は西郷隆盛が唱えた「新政厚徳(しんせいこうとく)厚い徳をもって、新たな政を行うべし」からで、東洋の徳政の理想とされる。

 昭和5年、小穴富司雄氏が新政のもろみから酵母を分離し培養することに成功。 昭和10年から、きょうかい6号酵母として全国に頒布されることとなる。協会1~5号酵母は変性のため配布を中止していることから、現在頒布されている協会酵母の中で最も歴史の古い酵母となった。

 現在は全て「純米造り」となっており、秋田県産米にこだわっている。自然な醸造(生酛系酒母、山廃酒母)にて醸すこととし、醸造用乳酸やミネラル、酵素などの副原料は使用せず、濾過も極力減らし、ブレンドせずに個別に瓶詰めしている。

新政(あらまさ)No.6「純米大吟醸」X-type

新政(あらまさ)No.6「純米大吟醸」X-type新政(あらまさ)No.6「純米大吟醸」X-typeラベル

 シールだったラベルが一度刻印に変わったが、今回はまたステッカーとなっています。特徴あるセンターの6の文字を背景に、Japan Brewing Society’s yeast No.6 The Oldest Sake Yeast Found in 1930 と6にかぶせて書いてあり、その下にX-type、そして銘柄の新政。非常にお洒落です。

 裏ラベルには… 

当蔵の作品は、素材の魅力を最大限に引き出すため、すべて「純米造り」としております。また自然な醸造を心がけ「生酛系酒母」(山廃酒母含む)にて醸しております。このため醸造用乳酸やミネラル・酵素などの副原料は使用いたしません。濾過も極力減らし、ブレンドせずに個別に瓶詰めしております。このため同一の銘柄でありながら、ロットによって個性があり、味わいの違いがございます。なお、ロット番号は識別情報の末尾に数字で記してありますので、参考にしていただけましたら幸いです。

 とあります。さて、その個性はいかに…。

 上立ち香は穏やかながら程よく白桃を思わせるように香ります。含むと小気味良い酸が甘味と一緒に踊りだし、実に面白い(福山雅治風に…)。15度というアルコール度数ながら、綺麗なだけではない酸が楽しい。面白いからガチャガチャしているのかと言うとそうではなく、純米大吟醸らしく上品さも出している。造りはクラシカルといって良さそうだが、現代アートを思わせる、時代に合って洒落ている様はまさにポップ。…

感想の続き、購入先(販売店)情報は下記リンクの日本酒ブログへ

製造年月:2015.07

新政(あらまさ)No.6「純米大吟醸」X-type データ

使用米 秋田県産米40%精米
使用酵母 協会6号酵母(新政酵母)
アルコール度 15度
容量 720ml
価格 2,297円(税抜き・購入当時)

新政(あらまさ)No.6「純米大吟醸」X-typeに関するリンク

2015/09/09 新政(あらまさ)No.6「純米大吟醸」X-type(日本酒ブログ)

新政(あらまさ)やまユ「純米吟醸」酒こまち生

新政(あらまさ)やまユ「純米吟醸」酒こまち生新政(あらまさ)やまユ「純米吟醸」酒こまち生ラベル

 ラベルは非常にシンプルで、白地にブルーの箔で山笠のしたにカタカナのユ。インパクトあります。

 裏ラベルには… 

この白い「やまユ」は秋田生まれの酒米である「酒こまち」を用い、その特徴を六号酵母で醸すことによって表現した作品です。「酒こまち」の酒米としての性能は圧倒的に高く、軽やかな酒を醸すには最高の原料と言えます。実際、当蔵においても精米歩合35%から90%まで幅広く利用しており、まさに、秋田の日本酒の味わいの基調をなす最重要酒米といえます。秋田の自然が生んだ「傑作生物」という意味では、六号酵母と双璧と言い得る素質を持つ、この「酒こまち」の爽やかでありながら、まろやかな香味をお楽しみください。

 とあります。さて、その「傑作生物」とはいかに…。

 上立ち香は穏やかで、麹の香りにラムネも感じ爽やかです。含むと・・・ん~ジューシー♪。ライトながらも甘味と酸味のバランスはヨーグルトを思わせ、後半は酸味がちに〆てきます。心憎い演出。比較的冷えた状態でいただいた方が、このバランスを楽しめるか?。醗酵力というキーワードで…

感想の続き、購入先(販売店)情報は下記リンクの日本酒ブログへ

製造年月:2012.02

新政(あらまさ)やまユ「純米吟醸」酒こまち生 データ

使用米 麹米、秋田県産酒こまち50%精米、掛米、秋田県産酒こまち55%精米
使用酵母 協会6号酵母(新政酵母)
日本酒度 +1
アルコール度 15度
容量 720ml
価格 1,606円(税込み・購入当時)

新政(あらまさ)やまユ「純米吟醸」酒こまち生に関するリンク

2015/09/09 新政(あらまさ)やまユ「純米吟醸」酒こまち生(日本酒ブログ)

新政(あらまさ)「純米」亜麻猫(アマネコ)

新政(あらまさ)「純米」亜麻猫(アマネコ)新政(あらまさ)「純米」亜麻猫(アマネコ)ラベル

 ラベルは和紙でセンターに亜麻色で猫がデザインされています。その下に銘柄の亜麻猫と落款が押しております。左に醸造元。いたってシンプルなデザインです。

 裏ラベルには… 

亜麻猫の基本コンセプトは「醸造用乳酸」を使用しない酒造りです。焼酎の造り方を参考にし、クエン酸を含む白麹を用いて、酒母(酛・もと)に抗菌作用を持たせています。「生酛(きもと)」とならぶナチュラルな清酒製造法として絶賛提唱中。というわけで、どうですか、やってみたいお蔵さんはありませんか?酒母造りの際、麹歩合50%で黄麹と白麹を半々で使えばOK。「生酛(きもと)」よりも簡単です。というわけで・・・・当蔵は「おいしければ良い」のさらに一つ上を目指して、これからも日本酒を造り続けてゆきたいと思います。

 とあります。さて、「おいしければ良い」のさらに一つ上はいかに…。

 日本酒に一般的に使用される黄麹と半々の造りとのことで、白と黄色を混ぜた「亜麻色」が名前の由来となっているようです。

 上立ち香は非常に穏やかで明確ではないものの、ほんのりとラムネを思わせるように香ります。ほんのりなので僅かではあるが揮発感も…。これは開栓後の変化で落ち着きそう。含むと、香りとストーリーのあるラムネ様の甘味が小さく可憐に膨らみます。想像していたような、頼りなさ、はかなさのようなものは感じず、酸でうまく枠を作っている。原酒としては低アルコールの部類に入るが、しっかり醗酵した安心感は白麹由来のものなのか?。新政さんの取り組みでもある、低アルコール原酒…

感想の続き、購入先(販売店)情報は下記リンクの日本酒ブログへ

製造年月:2013.07

新政(あらまさ)「純米」亜麻猫(アマネコ) データ

使用米 秋田県産米酒こまち60%精米
使用酵母 協会6号酵母(新政酵母)
日本酒度 +1
酸度 2.2
アミノ酸度 1.0
アルコール度 14度
容量 720ml
価格 1,406円(税込み・購入当時)

新政(あらまさ)「純米」亜麻猫(アマネコ)に関するリンク

2015/09/09 新政(あらまさ)「純米」亜麻猫(アマネコ)(日本酒ブログ)

新政(あらまさ)「純米」天蛙(アマガエル)

新政(あらまさ)「純米」天蛙(アマガエル)新政(あらまさ)「純米」天蛙(アマガエル)ラベル

 ラベルは和紙にブルーで葉っぱの上のアマガエルがデザインされています。その下に銘柄の天蛙(アマガエル)と落款が押されています。左に醸造元で非常にシンプルです。

 裏ラベルには… 

当蔵の低アルコール(10%以下)の試みが早くも3年目を迎えました。昨年リニューアルして再スタートをした本作品ですが、より個性を強めるため、昨年よりも発酵を強めにドライ感を強く表現してみました。

 とあります。さて、発酵強めのドライ感はいかに…。

 上立ち香は非常に穏やかで明確ではないものの、甘味・酸味を思わせるように香ります。含むと・・・、いやもうちょっと多く含んで・・・、いや、もっと・・ゴク、ゴク。ん~んまい♪。いつもの一合蛇の目に7分目ほど注いだのが、あっと言う間でした。そしてもう一杯。注意深く、探ってみます。ほのか~な甘味・酸味も、心地よい炭酸でバランス良くまとめられ、またも飲み干す。ライトながらも甘味と酸味のバランスはヨーグルトを思わせ、後半は酸味がちに〆るあたりは「やまユ」とのストーリーも感じるが…

感想の続き、購入先(販売店)情報は下記リンクの日本酒ブログへ

製造年月:2013.08

新政(あらまさ)「純米」天蛙(アマガエル) データ

使用米 秋田県産米60%精米
使用酵母 協会6号酵母(新政酵母)
日本酒度 -37
酸度 3.6
アミノ酸度 1.0
アルコール度 9度
容量 720ml
価格 1,506円(税込み・購入当時)

新政(あらまさ)「純米」天蛙(アマガエル)に関するリンク

2015/09/09 新政(あらまさ)「純米」天蛙(アマガエル)(日本酒ブログ)


新政(あらまさ)新政酒造株式会社に関するリンク

  • 新政酒造株式会社さんオフィシャルサイト
  • 蔵元駄文Ⅱ

  • このサイトは日本酒好きによる個人サイトです。酒類の販売(通販)はしておりません。

    コメントいただける場合は、下部のコメントエリアに書き込み、送信してください。Google+、Facebookでログインされている方は、それぞれマークをクリックすることでもコメントしていただけます。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    Loading Facebook Comments ...