AKABU(あかぶ)赤武酒造株式会社

醸造元
赤武酒造株式会社
醸造元所在地
岩手県盛岡市北飯岡1-8-60
杜氏
古館龍之介(兼蔵元)
仕込水
北上川伏流水(軟水)
概要
AKABU(あかぶ)の沿革やポリシー
 1896年(明治29年)創業。東日本大震災で、上閉伊郡大槌町にあった蔵は壊滅状態に。その後、多くのファンや支援者に支えられ、平成25年から盛岡で赤武酒造復活蔵として再開。Akabuは2014年からの銘柄で「美味しくないお酒は絶対に出さない」をコンセプトに若き六代目蔵元の古館龍之介さんが中心になって造っている。
 龍之介さんは農大時代、利き酒大会の学生チャンピオンに輝くなどその舌は確か。天青で知られる熊澤酒造株式会社さんで修行された。
 赤武酒造復活蔵としては、浜娘がワイングラスでおいしい日本酒アワード、スローフードジャパン熱燗コンテスト、岩手県新酒鑑評会、南部杜氏自醸清酒鑑評会、全国新酒鑑評会、など受賞。赤武としてはSAKE COMPETITION 2016の純米吟醸酒部門でGOLDに輝く。
商品一覧

AKABU(あかぶ)「純米吟醸」

AKABU(あかぶ)「純米吟醸」AKABU(あかぶ)「純米吟醸」ラベル

 ラベルは白地のセンターに赤で兜をかぶった武者がデザインされ、その下にアルファベットで銘柄の「AKABU」。右に銀の箔で特定名称の「純米吟醸」、さらに右外に回り込むように裏ラベル要素の、原材料、精米歩合、アルコール分などのデータ。醸造元、製造年月などが書かれています。

 上立ち香は穏やかながら心地よくメロンのように香ります。すがすがしいイメージの香りで、そこにはためらいはなく、思い切りの良さまで感じます。

 含むと、磨きがかかっている吟醸酒らしい限られた範囲の中ではあるが、独特の複雑さを感じます。そこまで酸味があるわけではないが、何故か思い出した※1.ペトリュス。バランスの良さの中から見えてくる自信みなぎる甘味は、夏の甲子園のように爽やかな元気を運んでくれます。

 奥のほうに見える複雑さの正体を探ろうと、もう一度注意深く含む。ほのかな苦みか?、いや、旨いんだからそんなもの探し出さなくてもいいのかも。むしろ舌をばかにし、ただ単純にその旨みを楽しむ。後半の引き際もごく僅かな余韻を残し、はやめの収束。考えて飲んでも、深く考えずに飲んでも…

感想のつづき、購入先(販売店)情報は下記リンクの日本酒ブログへ

AKABU(あかぶ)「純米吟醸」 データ

使用米 吟ぎんが50%精米
使用酵母 ジョバンニの調べ(岩手県酵母)
日本酒度 ±0
酸度 1.5
アルコール度 16度
容量 1.8L
価格 3,200円(税別)

AKABU(あかぶ)「純米吟醸」に関するリンク

2016/08/20 赤武AKABU(あかぶ)「純米吟醸」(日本酒ブログ)


AKABU(あかぶ)赤武酒造株式会社に関するリンク

赤武酒造株式会社さんオフィシャルサイト


このサイトは日本酒好きによる個人サイトです。酒類の販売(通販)はしておりません。

コメントいただける場合は、下部のコメントエリアに書き込み、送信してください。Google+、Facebookでログインされている方は、それぞれマークをクリックすることでもコメントしていただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...